Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちのためのCreativity

Posted by きーこしょ on 26.2013 実習 セミナー・セッション   2 comments   0 trackback
今学期を通して伺わせてもらった、子どもたちの発達支援の実習も、8回のセッションをして終了しました。


発語をうながすために、Old McDonald Had a Farm (ゆかいな牧場)で動物の鳴き声をみんなでしたり
(26歳独身日本人女性が、夜中に独りで英語の動物の鳴き声を練習してる様はもうなんとも言えない光景だったよwww)

体の部分の名前や、色や、動作を覚えたりする歌を唄ったり、

みんなでドラミングをしたり、お互いのソロを聞きあったり!


2-3歳の子にはまだ早いかなー!?と思ったことが、ぜんぜんふつうにできちゃったり、動物の人形の取り合いが勃発してセッションが中断したり笑、子どもたちの新しい楽器を見たときの目のきらめきとかテンションの上りようとか...


毎回のセッションが驚きの連続で、そしてあのクライアントさんたちとセッションできるのが本当に喜びでした!!


今学期を通して、発達が盛んで、これから予想もつかない人生を歩んでいく、子どもたちの発育を、音楽でサポートするというのが、本当にprivilege特権的で貴重な経験だと思いました。

a6_1904.jpg



スポンサーサイト

CTCC!! CTCC!!

Posted by きーこしょ on 23.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   0 trackback

CTCC!! CTCC!! 最近の私の中での流行りです。


CTCCは、
Condition
Target Behavior
Criterion
Completion

去年の愛すべき小姑先生からは卒業して、実習3年目のセミナーは最近赴任した暫定の学科長に教えてもらっています。

(うちの音楽療法学科は1年前の前学科長解任事件以来、いまだに次の正式な学科長を絶賛探し中!時間かかりすぎ。あほすぎ。....音楽療法博士号を持ってるそこのあなた!ぜひ自然豊かなオレゴンに来てみませんか!)


その新しい先生が、この前トリートメントプランの指針に必要な4つの項目を教えてくれました。

それが、
Condition (条件...目標とする行動をサポートするような環境)
Target Behavior (目標とする行動)
Criterion (基準...何をもって成功とするか?)
Completion (完了する時期...いつまでにこの目標に到達したいのか)


愛すべき小姑先生のもとでも、目標と指針作成にはフィードバックをもらいつつ散々推敲に推敲を重ねたけど、そこで学んだことをCTCCはよくまとめてくれてるかも!!

目標と指針については、定義も作り方もいろいろあると思うけど、(たぶん職場によって、教える大学によって、だいぶ違ってくるんだろうと思う!)、とりあえずCTCC!!は念頭に置いておくと、効率よく適格な指針が作れるっ。

So I Say Thank You For the Music

Posted by きーこしょ on 23.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   0 trackback
Happy Thanksgiving!!

アメリカでは今日はThanksgivingです~
そうです七面鳥食べる日です~っ

私は、昔住まわせてもらっていたホストファミリーのお家のお邪魔してきました~♪


七面鳥の丸焼き、マッシュドポテト、クランベリーソース、パイ....とあめりかーーんな食事に加え、炊き込みごはんとか大根サラダもあって(ホストマムはもともと日本の方なので)、うまうま

ワンちゃんたちと遊んで、ホストのご家族やお友だち、そこに住んでいる留学生ともお話して、なんか生きてるって感じ!!独り暮らしのアパートと学校の行き来だけの生活だと干からびちゃうからね。笑



昨日はちょうど実習のセッションがあって、Thanksiginvgの話題も自然とクライアントさんからあがってきたし、じゃぁ音楽もCelebrateしようよ!ってことで、ABBAのThank You For the Musicのサビ部分を、クライアントさんに歌詞を部分的に変えてもらってみんなで唄ったりもしたよ。


実習2年目まとめ

Posted by きーこしょ on 15.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   0 trackback
先学期の実習終えてもう1か月以上経っちゃったけど、去年実習1年目を終えたときも振り返ってたみたいなので、今回もやっておこっ!

ちょっと長くなりそうだけど、お付き合いください....



というわけで、2011年の秋学期から始まり、2012年春学期にかけて実習2年目に取り組みました。
この間に担当させていたいたクライアントさんたちは、TBIを持った成人の方パーキンソン病を持つ方々のコーラスグループ、そしてグループホームケアに住んでいるパーキンソン病や認知症などを持ったお年寄りでした。


実習先では、プロフェッショナルの音楽療法士さんであるスーパーバイザーが実際のセッションに付き添ってくれて、あとのDebriefingという時間(反省会?)に、気づいたことやおすすめの方法などを教えてくれるんだけど、実習2年目でセッション中の役割が増えた分、話すことも多かったし、たまにはスーパーバイザーの前で泣きそうになったりもしたから笑、スーパーバイザーとのつながりが強くなった1年だなと感じます。
無我夢中でやってきた1年だったけど、いつもKeikoならできるよ!何を心配することあがるのーって、プッシュしてくれたスーパーバイザーたちに本当に感謝です。ほんとにつらかったけどね。。。笑


そして、学校に帰ると、別々のサイトで実習をしている同じレベル(実習年数)の生徒たちが集まって、セッション中の悩みをシェアしたり、療法士としてやるペーパーワーク(アセスメントやトリートメントプランなど)や倫理的思考の勉強などを、実習セミナーという授業でやってきました。
この実習セミナーは1年ずつ違う先生がつくんだけど、実習2年目の担当の先生は、私的に表現させてもらうと...."愛すべき小姑"。


"音楽療法に慣れ親しむ"ようだった実習1年目とは打って変わって、
2年目の実習セミナーは、音楽療法士のプロフェッショナリティと奥深さを存分に、思い知らされた1年でした笑。


音楽療法がスピリチュアリティのためにできること?

Posted by きーこしょ on 12.2012 実習 セミナー・セッション   2 comments   1 trackback
ただいまっっっっっっ 

生きてますよ~生きてますよ~

精根疲れ果ててはいますが。笑 
今学期、少し授業の量を減らしたつもりなのに、相変わらず忙しくて疲れが半端ないです。

ブログもなんと1か月放置してしました。すみませんっっ 


この1か月いろいろありました~ ゆっくりcatch upしていきたいと思います。

まず今日は、実習のこと!!


今学期の実習は、以前も実習させてもらったことのある老人ホーム(もっといい名前ないのかね?)です。初めてのセッションの日は、イースター前の木曜日で特別なミサがあったので、予定されていた人数より大幅に少ない2名のクライアントさんがセッションに参加しました。

1人は後期認知症を患っていて、あとの1人は後期パーキンソン病と併せて認知症の症状も見られました。ほとんど体を動かすことができないことに加え、内容・意味のある双方向の会話をすることも困難でした。
(キリスト教系の施設なので、意思表示のできるクライアントは全員ミサに参加したようです)

まったくと言っていいほど、コミュニケーションがとれないクライアントさんとセッションするのは初めてで、セッション中はずっとこういう場合は音楽療法は何ができるんだろ??とずっと疑問に思っていました。
スーパーバイザーはアセスメントもかねていたようで、いろいろな種類のアクティビティをこなしていきましたが、その中で、オートハープという楽器を使ったときのこと。


音楽療法における倫理的思考

Posted by きーこしょ on 10.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   1 trackback
今学期の実習セミナーの宿題は、論文分析に加えて、

Ethical Thinking in Music Therapy by Cheryl Dileo
ethical thinking in music therapy

を読んで、自分の反応をペーパーにまとめるという宿題も出ています。これまでに、クライアントの持つ権利、それに対するセラピストの責任、あと守秘義務に関する章を読みました。


倫理って、大切っていうことはわかっても、普段は技術は知識を集めることだけに気をとられていて、置き去りにされがちです。

実は1年目の実習でもこの本を読んだんだけど、内容をほぼすべて忘れてましたwww
でも、1年以上実習をやって少し音楽療法の現場を知ってリアリティを得ることができたせいか、今回この本を改めて読んでみると、こんなこと考えてもみなかったよー自分は正しかったのかなって思うことが何度かありました。

この本は、そういう置き去りにされがち、または考えてもみなかった倫理感に関して、注意を向けさせてくれる、そして指針を与えてくれる本です。



もくじを見てみても、

4章  クライアントの権利 セラピストの責任
5章  守秘義務
6章  (セラピスト-クライアント)関係の境界
7章  多文化・性別の観点
8章  リサーチと公表における倫理感
9章  資金と宣伝における公的責任
10章 同僚、従業員、雇用主、協会への責任
11章 教育やスーパービジョンにおける倫理感

……ぐふぅ どのシチュエーションも、これまで倫理という側面から見てみなかった場面たちだけど、こうやってリストアップされると、プロフェッショナルとしてやっていく上で必ず出会うシチュエーションだよね。しっかり時間を割いて倫理勉強せずに専門家になるのは、おそろしいことだね

こんな風にまとめてくれて、ありがと、Dileo博士っ



[論文] パーキンソン病の患者さんのための音楽療法と理学療法

Posted by きーこしょ on 05.2012 実習 セミナー・セッション   1 comments   1 trackback
さてさて、今学期も残すところあと3週間。実習セミナーのほうでは、3つ目の論文分析の宿題が出ました。

1つ目は記事にしたんだけど、2つ目はしてなかったね。


2つ目は、「高齢者のクオリティオブライフにおける音楽の寄与」を読みました。

(Gallego, S., Mercadal-Brontons, M., Riera, M., & Sole, C. (2010). Contributions of music to aging adults’ quality of life. Journal of Music Therapy, 47(3), 263-281.)

教育目的の音楽鑑賞教室、リクリエーション目的のコーラス活動、そして病気予防のための音楽療法セッションという、3つの音楽活動の効果を計るというものでした。
結果的には、音楽療法がまぁよろしいみたいな結果が出てるんだけど、なんか結果測定の方法があまりよくなくて、音楽療法の効果について説得力のある論文ではありませんでした。ぁは笑。音楽活動がお年寄りのクオリティオブライフにもたらす効果を改めて示してくれたのはいいんだけどね。

音楽療法の学会誌から選ばなきゃいけないと言われていたので、パーキンソン病には触れていないんだけど、自分のクライアントさんたちと同じ年齢層を対象にした研究ということで、これをしぶしぶ選びました。



パーキンソン病に焦点をあてた音楽療法の論文は意外に少なくて、これまで
(American) Journal of Music Therapy
Music Therapy Perspectives
Nordic Journal of Music Therapy
で探したんだけど、タイトルで「パーキンソン病」に触れてる論文は、1つ目の論文分析で取り上げた論文しかありませんでした。パーキンソン病患者さんのための音楽療法について触れてる論文のほとんどは、ほかの学会誌に掲載されることが多いみたい。

本当は音楽療法の学会誌から選ばなきゃいけないんだけど、パーキンソン病についてもっと理解を深めたいので、今回の3つ目の論文分析は2000年にPsychocomatic medicineに掲載された、これっ!!



「パーキンソン病における能動的音楽療法: 運動と感情のリハビリテーションのためのある統合的なメソッド」

Aglieri, R., Fundaro, C., Mancini, F., Martignoni, E., Nappi, G., & Pacchetti, C. (2000). Active music therapy in Parkinson's Disease: An Integrative Method for Mortor and Emotional Rehabilitation. Psychosomatic Medicine, 62, 386-393.

音楽を使うから音楽療法

Posted by きーこしょ on 09.2012 実習 セミナー・セッション   2 comments   0 trackback

今学期担当させてもらっている、パーキンソン病を持つクライアントさんたちの合唱団での実習。

今日は4回目の実習がありましたっ 


先週から少しずつリードする役割をもらい始めたんだけど、先週のセッションプランで減点をセミナーの先生からもらいました。
スーパーバイザーにはOKもらってたから、なぜーーーーって思ったんだけど、問題は私が"音楽療法する"ことを忘れていたからでした。


私が担当させてもらったのは、体の呼吸のウォームアップで、腕、肩、上半身の柔軟、あくびすることから始まって腹式呼吸などなど……今までいたインターン生たちがやってきたことを引き継いで、少し自分なりにアレンジすればいいかなーと思っていました。


だけど、問題は、私がそれらを音楽なしでやったことでした。

セミナーの先生に言われて ハッとしました。

そうだったーーーわたしは音楽療法を勉強してるんだった

[論文] パーキンソン病の患者さんのための音楽療法

Posted by きーこしょ on 21.2012 実習 セミナー・セッション   2 comments   0 trackback
今学期もさっそくArticle Analysisの宿題が出てます~

なかなか見つからなくて、ひとつだけ見つけたパーキンソン病関連の論文!

「パーキンソン病を持つ個人たちの会話の明瞭さ、声の音響尺度、気分における、Music Therapy Voice protocolの効果」

Haneishi, E. (2001). Effects of a music therapy voice protocol on speech intelligibility, vocal acoustic measures, and mood of individuals with parkinson's disease. Journal of Music Therapy, 38(4), 2001, 273-290.

2012 Winter 実習始まり

Posted by きーこしょ on 21.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   0 trackback

今学期最初の実習がありましたーっ

今回は、パーキンソン病を持つ方々の合唱団です。

発表会に向けて、週に一度集まって、練習しています。体や声のウォームアップを入念にしたあと、メリーポピンズのチムチムチェリーや、ちょっとジャジーなアレンジの曲まで、すでに5曲も練習していました。コーラス経験のある音楽療法士さんや、その療法士さんの元でインターンをしているインターン生たちが、まとめてくれています。

ウォーミングアップでは、発音が少し難しい言葉をわざと並べたフレーズを、ふつうより速いスピードで発音していったりする場面もありました。
曲の練習中には、チムチムチェリーの"チムチム"の発音をもう少しはっきりしてみましょうかーって療法士さんがアドバイスしたりして、呼吸器機能に加えて、口周りの筋肉の機能維持も図ってるのかなーと見受けられました。



クライアントさんみんなが歌が好きで参加されたみたいで、ほんとにいい声持ってる!みんなかなり声を出して唄っていました。少し難しいメロディーも少し練習すればすぐ覚えて、2声に分かれてハーモニーも作れちゃうし。

実際の練習風景を見学する前は、身体的機能維持だけを目的にしてるのかなーって思ってたけど、メロディーを覚えてハーモニーをつくったり、曲を覚えたりすることで認知機能にも働きかける機会になってるーと感心っ!!


私のなかでは、音楽療法っていうのは、リズムとかメロディーの音楽の一部の側面を使うことが多いと思ってたけど、

でも、実際は、音楽性を追求することで、もっと働きかける機能は増えるんだねーっ


the more music therapy, the less music
(音楽療法になるほど、音楽が減る)

ではなくて、実は


the more music, the more music therapy

(音楽があるほど、もっと音楽療法)

なんだねっ



         最後まで読んでいただき、ありがとうございました♬♫♪
         そして、いつも応援ありがとうございますっ
         もしよかったら、今日も最後にぽちりとお願いします にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ

  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。