Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Media Playerでスロー再生

Posted by きーこしょ on 24.2011 レッスン・パフォーマンス   0 comments   0 trackback

Jazz Ensembleの本番が、来週金曜日に迫ってきています。

今回のプログラムは~

Bessie's blues
Cheese cake
Love for Sale
Joy spring
Full house
Gone but not forgotten
I'll remember April
Sunny
Moanin'


最近は、だいぶピアノの役割も分ってきて、ソロも慣れてはきたんだけど、まだまだ自分の音に納得がいかない。
先生や、おじさんたちに教えてもらった理論を応用してはみるんだけど、何かが足りないんだよねっ

今度、そのJazz Ensembleでクラリネットとテナーを弾いてるおじさんの実技試験の伴奏をするんだけど、昨日はそのリハーサル中におじさんがまた新しいジャズの練習方法を教えてもらいました。


スポンサーサイト

数年後には

Posted by きーこしょ on 27.2011 レッスン・パフォーマンス   0 comments   0 trackback
ジャズアンサンブルに入って早1カ月。
練習中によく飛び交う、最初はよく意味がわからなかったおじさんたちのジョークにも、少し笑えるようになってきました。


死にもの狂いだった先々週のパフォーマンスも終え、
いまは12月の本番に向けて、基礎練チックなこともいれつつ、リハーサルしてます。

モードの勉強のために、そのモードを使って1人ずつソロを回しながら1曲通したり、
4小節だけソロして、そのあと4小節ドラムソロ、次の4小節は別の人のソロ、また4小節ドラムソロ……とか。

私個人は、今までピアノのアップとしてやってたロングトーン・スケール・アルペジオ・お気に入りのチェルニーさんに加え、
左手で3rd7thが無意識に抑えられるように、右手は3rd6th7th9thの転回形を、あとは周辺の音をplay aroundしていろんな響きを試しつつII-V-Iでぐるぐる回っていく、というような、リハーサルに参加してて必要そうだなーっと思った"ジャズ基礎練"たちも取り入れるようになりました。

力がついていくといいなーっ♪


Keith Jarrett, Eugen Ciceroへの道 Step2:右手はスケール

Posted by きーこしょ on 08.2011 レッスン・パフォーマンス   0 comments   0 trackback
ジャズアンサンブルで、またもや新曲っ!




Moanin' と同じで、冒頭にピアノソロ!


ははは ソロだって、余裕のよっちゃんさ!!!

もらった楽譜には、ほとんど書き下ろされてるんだもんーっ
新曲視奏は大得意ー!!!
曲中のアドリブ部分のバッキング以外は、アドリブする必要なしー♪



受け身の音楽

Posted by きーこしょ on 06.2011 レッスン・パフォーマンス   0 comments   0 trackback
最近、パフォーマンス機会が増えてきて、最近なんとなく感じてたことが、言語化できました。

アメリカ人のする音楽は、なんか受け身が多い かも???

ジャズアンサンブル

Posted by きーこしょ on 30.2011 レッスン・パフォーマンス   0 comments   0 trackback
Week1終わった~っ もう、ぜぇぜぇはぁはぁ だよ。

平日の朝に、毎日6時前に起きてるなんて。あり得ない。
恥ずかしながら、高校卒業以来、(っていうか高校在学中さえもwww)、
こんな社会常識的な生活してこなかったよ

こんな生活ほんとに続くのかしら~ と今から心配

まぁでも夜の授業はないし、この規則正しい生活を維持していこ~っ♬


朝起きれるのかという心配と同じくらい心配だったのが、Jazz Ensemble。


音楽学部っぽい日

Posted by きーこしょ on 29.2011 レッスン・パフォーマンス   2 comments   0 trackback
今日は朝からGlobal Musicの日。朝っぱらから、世界中の不思議な音楽を聴いてきました。モンゴルのホーミーにも挑戦しました笑。

午後は、今学期初めてのピアノレッスンがあって、
ピアノソロは片手間になりそうだけど、何かやろうということになり、何弾こうか~と先生と話しておりました。


ガーシュイン以外の20世紀の作曲家を弾いたことがないので、そこらへんの人で、
指があわただしくいろいろ動くような、”digital”なものより、
霧みたいな空気のような音を紡いでいく、”texture”ありきの曲をやってみたら?と言われて、

先生がバルトークとかラフマニノフとかはちゃてぅぅぅぅぅりあんとか弾いてくれて、なんか新境地!!って感じだった。

療法としての音楽の使い方もいろーいろあるけど、
音表現としてのピアノの使い方も、いろーいろあるのだね。

久しぶりのギターレッスン

Posted by きーこしょ on 23.2011 レッスン・パフォーマンス   0 comments   0 trackback
最近、ギターに目覚めました。 

今までも練習してきたけど、正直あまり楽しめてなかったなーっ
というのは、大量にあるClinical Repertoireと言われる、音楽療法セッションで使い得るレパートリーを”覚えなきゃ”と思ってて重荷だったし、なんか、私のギターって、ダサいし、練習するのが億劫だったんだよね。

だけど、今学期は久しぶりにギターレッスンを取り始め、いろいろインスパイアーしてもらうことがあって、練習も楽しいし、伴奏方法も幅が広がって楽しいぃぃぃぃぁぁぁぁぃぃあぁぁい

  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。