Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hill day!! その2

Posted by きーこしょ on 25.2012 その他   0 comments   1 trackback
Hill day当日は、車を相乗りしてオレゴン州の首都、セイラムへっ!!

車中では、私は前日のトレーニングに授業があって参加できなかったので、送られてきたパワーポイントを復習したり、隣に座っていた療法士さんに議員さん役になってもらって、音楽療法の短い定義、音楽療法士になるまでの履修する授業のこと、ポピュレーションごとのアクティビティの具体例などを手短に説明するロールプレイングをしてもらいました。

なんとか説明はできたけど、足を突っ込んじゃいけないとこに突っ込んじゃった気がして、もうここで帰りたくなりました笑。


そうこうしているうちに、あっという間にセイラムに着きました。セイラムの空は広かった!ポートランドみたいに周りが山に囲まれていないかもしれないね。



この日、州内の27人の療法士さんとインターン生、それとMarylhurstからは7人の生徒が参加しました。

この23日内に、27人の議員さんとのアポイントメントが取り付けられていて、そのそれぞれの議員さんに会いにいく療法士と学生のチームが割り当てられました。

9時に庁舎の一室にみんなが集合して、議員さんに渡す資料づくりや、チームの確認、担当する議員さんの専門分野の下調べ、チームでだれがどんなことを話すかなどの最終確認がなされました。



その後は、本会議の見学へ!!

時間通りに集まっていた議員さんは2人しかいなくて笑、しかも時間遅れで始まった議会はまず議員さんの知り合いが「Over the rainbow」を唄って始まりました笑。これまで、いろんな州のHill dayを手伝ってきたAMTAから来た担当の人は、今まで見た中で一番リラックスした議会だったと後で言っていました笑。さすがオレゴン!!

会議中は、奇妙な英語に遭遇っ!!
賛否をとるときに、ふつうに「Yes!」という人もいれば「あいーー」とか言ってるwww

Yes/noに、議会で使われる違う言い方があるのは聞いたことあったけど、実際に言ってる人を始めて見ました!!


そうこうしてるうちに、午後になり、アポイントメントの時間が迫ってきました。本会議が長引いて時間変更などありましたが、私は割り当てられた3人すべての議員さんに、ほかの音楽療法士さんたちと一緒に、面会させていただきました。


スポンサーサイト

Hill day!!

Posted by きーこしょ on 24.2012 その他   0 comments   0 trackback
昨日2月23日、オレゴンの音楽療法コミュニティーは大切な日を迎えました。


アメリカでは、音楽療法士は、認定された大学で勉強してインターンを修了したのち、CB-MT(the Certification Board of Music Therapists 音楽療法士のための資格認定委員会)のテストに合格して、晴れてMT-BC(Music Therapist - Bored Certified 認定音楽療法士)を名乗ることができます。

MT-BCはアメリカ全土で通用する音楽療法資格ですが、あくまでも認定機関よる資格であって、オレゴン州を含め、アメリカのほとんどの州では、音楽療法を、作業療法や言語療法のように効果のある専門分野だと承認していません。音楽療法を受けたくても州からの資金的援助がないために、受けることのできないクライアントさんがいます。

より多くの人が音楽療法の受けられるようにするためには、州政府に音楽療法を承認してもらって、セッション費用の援助などで、音楽療法へのアクセスをよくする必要があります。(The Music Therapist’s Guide to State Recognition)

そこで、AMTA(アメリカ音楽療法協会)とCBMTは2005年から、状況が違う各州で一番いい音楽療法の承認の仕方をアドバイスしたり州の音楽療法士さんたちを助けたりする専門の人を置いて、各州での承認に向けて取り組んできました。
そのおかげで、2011年、立て続けに北ダコタ州とネヴァダ州で、音楽療法が承認されました。(State Advocacy

オレゴン州でも、音楽療法を承認してもらうことを目指して、オレゴン音楽療法協会のなかで特別委員会(Task Force)を設けて、下準備をしてきました。

州で音楽療法を承認してもらうためには、まず議員さんたちに音楽療法の必要性を理解してもらい、法律を作ってもらい、そして州議会で承認してもらう必要があります。


そして、昨日2月23日は、初めて州議員さんたちに直接会って、音楽療法を州で承認してもらえるようにお願いするadvocacy(陳情?)の日でした。

この日だけで、27人の議員さんとアポイントメントをとって、州内の音楽療法士さんや、うちの学校からも生徒がチームになって、それぞれの議員さんに音楽療法の話をさせていただきました。


IMG_20120223_083530.jpg


この日をみんなは"Hill day"と呼んでいました。直接的な日本語訳がなくて、私自身どういう意味なのかはっきりわからないんだけど、大きな目標に向けての実際的な"初めての一歩"って感じかな??


このHill dayに、学生の私も参加させてもらいました!

その体験については、次の記事で書きます~~っ


にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ

10,000アクセス!

Posted by きーこしょ on 18.2012 ブログの説明・更新情報   0 comments   0 trackback
毎日疲れて帰ってきてブログをあまり確認してなかったんだけど、いつの間にか10,000アクセスを超えていました!!


いつからあのカウンターをつけてるか思い出せないんだけど、本腰入れてブログの模様替えをしてからだと思うので、音楽療法の教育現場を伝えていこう~と思ってから、10,000人もの人が足を運んでくれたことになると思います。

ありがとうございます!!!


facebookやmixiから読んでくれている友だち、ブログをサブスクライブしてくださっている方々、いつもありがとうございます。

最近では、ユニークアクセスも少し増えてきていて、今は平均25人くらいの方が毎日新しくこのブログにアクセスしてくれているようです。1日25人ということは、25×30=....毎月750人にもなります!


なかなか更新頻度が限られてしまってきているブログですが、なるべく更新するように心がけますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ

100曲レパートリーとギター

Posted by きーこしょ on 11.2012 その他の授業   0 comments   0 trackback
これまでギターのレッスンをとっていた音楽療法学科の教授がいなくなってしまったので、今学期からはギター専門の先生からレッスンをとっています。

理解のある先生で、音楽療法に気を配ったレッスンをしてくれてます。


ずっと器楽曲ばっかりやってきたせいか(1年だけ声楽やってたけど…)、歌詞のある曲を覚えて弾くのに不得意感があるけど、気づいたら学校を卒業するまであと1年と少し!!今年中に不得意を払しょくしたい!

ということで、2012年に100曲レパートリーを増やそうというプロジェクトをすることにしました。

学校で覚えるように言われている基本のレパートリーに加えて、日本の曲50曲と、アメリカの曲50曲、使えるポピュレーションごとに分けて覚えていきます~

ギターの先生は、ロックとかポップスにも造詣が深くて、私のプロジェクト用に、この年代生まれの人にはこの曲~、こういうシチュエーションではこれ~というふうに、ほんといろーーーーんな曲を教えてくれます。曲の辞書みたいな人!!


先生ご自身が書いた教本を使いながら、ギターの演奏技術も磨いていきます。

磨いていくというより、基礎からやり直す感じ
これまでクライアントさんに聞こえるように鳴ればいいや~という感じで弾いてきたので、基本的なことをないがしろにしてきたことに気づきます。笑

また、フィンガーピッキングのための指の力を強めるために、最近はこんなふうにしてギターを練習しています

IMG_20120211_174023.jpg

マウスパットの端を切って、6本の筋を入れたもの。ギター用のミュートです。



幅広いレパートリーや、優れたギター技術は、音楽療法士としては筋肉を鍛えるようなものかもね。

がんばるぞ


img_527308_10502385_2.jpg




         最後まで読んでいただき、ありがとうございました♬♫♪
         そして、いつも応援ありがとうございますっ
         もしよかったら、今日も最後にぽちりとお願いします にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ

音楽を使うから音楽療法

Posted by きーこしょ on 09.2012 実習 セミナー・セッション   2 comments   0 trackback

今学期担当させてもらっている、パーキンソン病を持つクライアントさんたちの合唱団での実習。

今日は4回目の実習がありましたっ 


先週から少しずつリードする役割をもらい始めたんだけど、先週のセッションプランで減点をセミナーの先生からもらいました。
スーパーバイザーにはOKもらってたから、なぜーーーーって思ったんだけど、問題は私が"音楽療法する"ことを忘れていたからでした。


私が担当させてもらったのは、体の呼吸のウォームアップで、腕、肩、上半身の柔軟、あくびすることから始まって腹式呼吸などなど……今までいたインターン生たちがやってきたことを引き継いで、少し自分なりにアレンジすればいいかなーと思っていました。


だけど、問題は、私がそれらを音楽なしでやったことでした。

セミナーの先生に言われて ハッとしました。

そうだったーーーわたしは音楽療法を勉強してるんだった

  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。