Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本での在宅ALS患者さんのための音楽療法

Posted by きーこしょ on 31.2012 その他   0 comments   1 trackback
筋萎縮性側索硬化症[ALS] という病気があります。

思考や知覚などの機能は障害されることなく、脳からの指令が筋肉に届かなくなることで手足の筋肉や呼吸のための筋肉も衰えていく病気です。
(難病情報センターより引用)


うちのお母さんは保健士さんだったので、ALSなどの難病指定を受けた患者さんと多く関わっていました。もちろん患者さんの個人情報には触れないけど、家庭内でALSという言葉を耳にしたり目にする機会がよくありました。

だからなのか、ALSの患者さんのためには、音楽療法が何ができるのかがずっと気になっていました。何回か授業中に質問したこともあったんだけど、この病気の存在自体を先生もほかの生徒も知りませんでした。ホスピスで働いたことのある先生は、唯一この病気について知っていたけど、珍しい病気なので関わったことがないと言っていました。

その先生によると、筋肉だけが衰えていく一方で、思考や知覚は残るがゆえに、患者さんが体のなかに”locked in”(閉じ込められる)されてしまうので、そのanxiety[不安]に対処するのがまず音楽療法ができることだろうと言っていました。



今回、宿題の関係でALSと音楽療法に調べてみる機会を得て、関係する記述をいろんな方面から探してみたけど、音楽療法関係の論文でALSに触れているのは、Australian Journal of Music Therapyの論文2つだけでした。

ひとつは患者さんが持つ不安を減らす目的での生の音楽を使ったセッションと録音された音楽の効果を比較したものですが、統計学的に差異は認めれませんでした。もうひとつの論文は前の論文に対するコメントでした。

Bolger, K., & Home-Thompson, A.(2010). An investigation comparing the effectiveness of a live music therapy session and recorded music in reducing anxiety for patients with amyotrophic lateral sclerosis/motor neurone disease. Australian Journal of Music Therapy, 21, 23-38.

Lings, J. (2010). Music for anxiety in amyotrophic lateral sclerosis/motor neurone disease: A commentary on Horne-Thompson and Bolger's article. Australian Journal of Music Therapy, 21, 39-41.


ALSがとてもまれな病気ということが、認知度が低いことやこうして研究も進まない大きな原因なのかな。



ただ、この調べものをしている間に、おととし横浜で参加した「第7回神経難病における音楽療法」で、たしか音楽療法士さんが呼吸機能維持を目的とした音楽療法について発表してたことと、ALSを持った患者さんご自身が話しをされたんじゃなかったっけ…ということを思い出しました。

その発表資料は残念ながらオンラインでは見つけられなかったんだけど、その資料を探す過程で、なんと日本ではALS患者さんに音楽療法を届けるプロジェクトが行われていたことを知りましたっ 

先の「神経難病における音楽療法を考える会」にも関わっていらっしゃった公立八鹿病院脳神経内科の近藤清彦先生が主導されました。勇美記念財団さんのホームページから、近藤先生によるその報告書「在宅ALS患者に対する訪問音楽療法の普遍化の検討」を閲覧することができます。

(勇美記念財団さんのページには、ほかにも、札幌大谷大学短期大学部教授の中山ヒサ子先生による「在宅ALS患者及び、家族における音楽療法の有効性をさぐる」や、ALS以外の在宅ケアにおける音楽療法に関する報告書が閲覧できます)



スポンサーサイト

音楽療法の受容的メソッド

Posted by きーこしょ on 25.2012 その他   0 comments   1 trackback
実践的な内容の期末試験で終わった「成人との音楽療法」でしたが、ICUや産科など、今まで想像したことなかったような現場での音楽療法の応用を学べて、実りの多いクラスでした。

一番の収穫は、クライアントさん・患者さんが受動的な形で参加する、Receptive Methods(受容的メソッド)について理解を深められたことかなっ


これまで授業や実習で勉強してきた音楽療法って、クライアントさんが楽器を弾いたり・歌を唄ったり・音楽に合わせて体を動かしたりして、能動的に音楽活動に参加することで、身体機能や認知機能を向上・維持できるするものがほとんどだったんだけど、

今回、成人との音楽療法のクラスでは、クライアントさんが音楽を受容する・聴くに徹する立場になる音楽療法について多く学ぶ機会がありました。


教科書として指定された
Receptive Methods in Music Therapy: Techniques and Clinical Applications for Music Therapy Clinicians, Educators and StudentsReceptive Methods in Music Therapy: Techniques and Clinical Applications for Music Therapy Clinicians, Educators and Students
(2007/01/15)
Denise E. Grocke、Tony Wigram 他

商品詳細を見る

の目次を見てみると、

第3章 子どもと若者のためのリラクゼーションと受容的メソッド
第4章 成人のためのリラクゼーションと受容的メソッド
第5章 音楽、視覚化、そしてイメージ
第6章 歌詞についてのディスカッションライフレビュー
     (ライフレビュー・・・音楽を通して人生を振り返る活動。ホスピスなどで多くよく実施するみたい。)
第7章 知覚リスニングと音楽鑑賞
第8章 受容的音楽療法と芸術媒体
第9章 受容的音楽療法における振動音響療法

ほかにも、ペインコントロールも、受容的メソッドだよね。(Medical Music therapy for Adults in Hospital Settings, p.120)


これらを勝手にカテゴライズすると、
-身体・生理機能をリラックスさせる媒体として
-認知機能に働きかけて痛みから気を反らせる対象として
-感情を表出させるきっかけとして
-人生を振り返るきっかけとして
という、音楽の使い方があるのかな。

成人との音楽療法 期末試験

Posted by きーこしょ on 24.2012 音楽療法専科   0 comments   1 trackback
のぁぁぁぁぁぁっぁあぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁ

終わったよ 終わったよ 終わったよ

冬学期が終わりました


ほんとうに辛かった。辛かった。辛かった。

ときに、んがぁぁぁっぁぁと叫びだしたくなるような日もありました。宿題が終わらなくて、文字通り叫んだ日も何回かあったようななかったような…www


そんな学期を締めくくったのは、成人との音楽療法の期末試験でした。

Marylhurstの試験は、だいたいプレゼンテーションや10-絵時とかのリサーチペーパーがほとんどなんだけど、成人との音楽療法のクラスは中間試験に引き続いて、期末試験も筆記試験。


範囲は、”勉強してきたこと全部”

実践的な問題も出すから、ケーススタディをよく見てきてね~とも先生は言っていました。

みんな先生のことを”hard-core”を言うんだけど、日本的には”鬼!”って感じだよね笑。



ということで、今学期通して勉強してきた以下の分野を、隅々まで復習して試験に臨みました。

医療一般
ICU
産科

脳神経リハビリ
Well-being
 (病気や障害ではなく、身体的精神的な健康を維持する)
認知症
ホスピス
Bereavement
 (誰かの死後、残された家族などのケア)


音楽療法における倫理的思考

Posted by きーこしょ on 10.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   1 trackback
今学期の実習セミナーの宿題は、論文分析に加えて、

Ethical Thinking in Music Therapy by Cheryl Dileo
ethical thinking in music therapy

を読んで、自分の反応をペーパーにまとめるという宿題も出ています。これまでに、クライアントの持つ権利、それに対するセラピストの責任、あと守秘義務に関する章を読みました。


倫理って、大切っていうことはわかっても、普段は技術は知識を集めることだけに気をとられていて、置き去りにされがちです。

実は1年目の実習でもこの本を読んだんだけど、内容をほぼすべて忘れてましたwww
でも、1年以上実習をやって少し音楽療法の現場を知ってリアリティを得ることができたせいか、今回この本を改めて読んでみると、こんなこと考えてもみなかったよー自分は正しかったのかなって思うことが何度かありました。

この本は、そういう置き去りにされがち、または考えてもみなかった倫理感に関して、注意を向けさせてくれる、そして指針を与えてくれる本です。



もくじを見てみても、

4章  クライアントの権利 セラピストの責任
5章  守秘義務
6章  (セラピスト-クライアント)関係の境界
7章  多文化・性別の観点
8章  リサーチと公表における倫理感
9章  資金と宣伝における公的責任
10章 同僚、従業員、雇用主、協会への責任
11章 教育やスーパービジョンにおける倫理感

……ぐふぅ どのシチュエーションも、これまで倫理という側面から見てみなかった場面たちだけど、こうやってリストアップされると、プロフェッショナルとしてやっていく上で必ず出会うシチュエーションだよね。しっかり時間を割いて倫理勉強せずに専門家になるのは、おそろしいことだね

こんな風にまとめてくれて、ありがと、Dileo博士っ



[論文] パーキンソン病の患者さんのための音楽療法と理学療法

Posted by きーこしょ on 05.2012 実習 セミナー・セッション   1 comments   1 trackback
さてさて、今学期も残すところあと3週間。実習セミナーのほうでは、3つ目の論文分析の宿題が出ました。

1つ目は記事にしたんだけど、2つ目はしてなかったね。


2つ目は、「高齢者のクオリティオブライフにおける音楽の寄与」を読みました。

(Gallego, S., Mercadal-Brontons, M., Riera, M., & Sole, C. (2010). Contributions of music to aging adults’ quality of life. Journal of Music Therapy, 47(3), 263-281.)

教育目的の音楽鑑賞教室、リクリエーション目的のコーラス活動、そして病気予防のための音楽療法セッションという、3つの音楽活動の効果を計るというものでした。
結果的には、音楽療法がまぁよろしいみたいな結果が出てるんだけど、なんか結果測定の方法があまりよくなくて、音楽療法の効果について説得力のある論文ではありませんでした。ぁは笑。音楽活動がお年寄りのクオリティオブライフにもたらす効果を改めて示してくれたのはいいんだけどね。

音楽療法の学会誌から選ばなきゃいけないと言われていたので、パーキンソン病には触れていないんだけど、自分のクライアントさんたちと同じ年齢層を対象にした研究ということで、これをしぶしぶ選びました。



パーキンソン病に焦点をあてた音楽療法の論文は意外に少なくて、これまで
(American) Journal of Music Therapy
Music Therapy Perspectives
Nordic Journal of Music Therapy
で探したんだけど、タイトルで「パーキンソン病」に触れてる論文は、1つ目の論文分析で取り上げた論文しかありませんでした。パーキンソン病患者さんのための音楽療法について触れてる論文のほとんどは、ほかの学会誌に掲載されることが多いみたい。

本当は音楽療法の学会誌から選ばなきゃいけないんだけど、パーキンソン病についてもっと理解を深めたいので、今回の3つ目の論文分析は2000年にPsychocomatic medicineに掲載された、これっ!!



「パーキンソン病における能動的音楽療法: 運動と感情のリハビリテーションのためのある統合的なメソッド」

Aglieri, R., Fundaro, C., Mancini, F., Martignoni, E., Nappi, G., & Pacchetti, C. (2000). Active music therapy in Parkinson's Disease: An Integrative Method for Mortor and Emotional Rehabilitation. Psychosomatic Medicine, 62, 386-393.

  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。