Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽療法がスピリチュアリティのためにできること?

Posted by きーこしょ on 12.2012 実習 セミナー・セッション   2 comments   1 trackback
ただいまっっっっっっ 

生きてますよ~生きてますよ~

精根疲れ果ててはいますが。笑 
今学期、少し授業の量を減らしたつもりなのに、相変わらず忙しくて疲れが半端ないです。

ブログもなんと1か月放置してしました。すみませんっっ 


この1か月いろいろありました~ ゆっくりcatch upしていきたいと思います。

まず今日は、実習のこと!!


今学期の実習は、以前も実習させてもらったことのある老人ホーム(もっといい名前ないのかね?)です。初めてのセッションの日は、イースター前の木曜日で特別なミサがあったので、予定されていた人数より大幅に少ない2名のクライアントさんがセッションに参加しました。

1人は後期認知症を患っていて、あとの1人は後期パーキンソン病と併せて認知症の症状も見られました。ほとんど体を動かすことができないことに加え、内容・意味のある双方向の会話をすることも困難でした。
(キリスト教系の施設なので、意思表示のできるクライアントは全員ミサに参加したようです)

まったくと言っていいほど、コミュニケーションがとれないクライアントさんとセッションするのは初めてで、セッション中はずっとこういう場合は音楽療法は何ができるんだろ??とずっと疑問に思っていました。
スーパーバイザーはアセスメントもかねていたようで、いろいろな種類のアクティビティをこなしていきましたが、その中で、オートハープという楽器を使ったときのこと。


スポンサーサイト
  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。