Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の紹介 2 人間関係と精神療法の脳科学

Posted by きーこしょ on 31.2012 関連   0 comments   0 trackback
今日中にもういっちょ本紹介っ!

以前も紹介したことあるかな??去年、発達心理学で愛着形成の裏側で起こっている脳神経の発達についてリサーチペーパー書いたときに読んだ本。

the Neuroscience of Human Relationships: Attachment And the Developing Social Brainthe Neuroscience of Human Relationships: Attachment And the Developing Social Brain
(2006/11/06)
Louis Cozolino

商品詳細を見る


残念ながら日本語訳はないみたい!


今回取ったInterpersonal Neurobiologyにもろ関係ある本なのに課題図書にはなってなくて、先生になんでー!って質問したら、ちょっと詳しくて難しめだからと答えが返ってきました。でも、もっと授業時間があるなら、絶対課題図書にするとも言ってました!

たしかにちょっと読むのに時間がかかるのは否めないけど、読んでみると、人間が人間を愛するために愛されるために、どういう機能を持って生まれてくるか、そしてどう発達させていくか、それがうまくいかなかったときに何が起こるか、そしてそれを修理できる脳の懐の大きさ。。。などなどにびっくり仰天します!


最近、上と同じCozolino先生の別の本も見つけたので読んでます!

The Neuroscience of Psychotherapy: Healing the Social Brain (Norton Series on Interpersonal Neurobiology)The Neuroscience of Psychotherapy: Healing the Social Brain (Norton Series on Interpersonal Neurobiology)
(2010/04/26)
Louis Cozolino

商品詳細を見る



そして個人的に、Cozolino先生に惚れてます 



知的白髪おじさま、かっこよすぎ



 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ 

スポンサーサイト

本の紹介 1 子育ての脳科学

Posted by きーこしょ on 31.2012 関連   0 comments   0 trackback
そうそう。Interpersonal Neurobiologyの授業で読んだ本がおもしろかったので、紹介させてください!


子どもの脳の発達や特徴に合わて、子どもの脳をうまく"統合"するアプローチで子育てをしようという本。

The Whole-Brain Child: 12 Revolutionary Strategies to Nurture Your Child's Developing Mind, Survive Everyday Parenting Struggles, and Help Your Family ThriveThe Whole-Brain Child: 12 Revolutionary Strategies to Nurture Your Child's Developing Mind, Survive Everyday Parenting Struggles, and Help Your Family Thrive
(2011/10/04)
Daniel J. Siegel、Tina Payne Bryson 他

商品詳細を見る



左脳と右脳って、子どもの発達とともに成長速度が変わるんだけど、たとえば0~3歳の頃の愛着形成時期の裏側でが右脳が左脳に比べてかなり発達するんだけど、そういった脳の発達段階に合わせて、子どもにわかりやすくて伝わりやすい対応を教えてくれる本です。


まさにいま子育て奮闘中のうちのお姉ちゃんにも読ませてあげたい~と思ってたら、日本語訳出てた!!

しあわせ育児の脳科学しあわせ育児の脳科学
(2012/05/09)
ダニエル・J・シーゲル、ティナ・ペイン・ブライソン 他

商品詳細を見る



平易な言葉で書かれていて、(たまに平易になりすぎて=極端な言い切りになってて、大丈夫?と思ったりするけど笑)、読みやす!!

子どもちゃんのためだけじゃなくて、育てている保護者の方にとっても、子育てがクリエイティブで楽しいものになると思います。


 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ 

Interpersonal Neurobiology [人間関係の神経生物学]

Posted by きーこしょ on 31.2012 その他の授業   0 comments   0 trackback
ちょっとお久しぶりのブログです~ ただいま~~っ

先週末はInterpersonal Neurobiologyという心理学の3日間集中授業がありましたっ!

Interは、高速の「インター」と日本語にもなっているように、何かと何かの間という意味なので、
Inter + Person = Interpersonal とは、"人間関係"とか"対人"と訳せるかな?

ということで、この週末を通して、
人間関係が人間の脳や体に及ぼす影響を、いろんな角度から勉強しましたっ。


このクラスは、いくつかある心理学群の選択科目のひとつで、音楽療法学科では必修ではないんだけど、音楽療法も含め、セラピストになる人には、ぜひ取ってもらい!!と思うほど、療法に応用したり、療法を論理的に支えることを多く学べた授業でありました。

精神保健のための生物医学的音楽療法?

Posted by きーこしょ on 19.2012 音楽療法専科   2 comments   0 trackback
そういえば、記憶の片隅に置き忘れていたことがあった!!

....先学期履修していた、精神分野の音楽療法のクラス。

冬学期に履修した成人分野の音楽療法がすごく勉強できる授業で興奮気味でブログ更新してたから笑、春学期の精神分野のクラスについてもたくさん記事書こう~と思ってたんだけど、結局一つ書いただけで何も書いてなかった!


学期の前半は、クラスで集まって、一通り精神疾患について勉強したり、いろんなエクスペリエンシャル(模擬セッション?)をしたり、オレゴン州立病院の精神科病棟で働いてる音楽療法士さんがお話に来てくれたりしました。

学期の後半は、
いくつかの精神保健における音楽療法アプローチについて、グループごとに勉強して、まとめとして学期末にプレゼンテーションをしました。


でもね、結論から言うと、この授業、残念極まりない授業だった~

先生の授業計画がひどすぎだし、先生が私たちに求めてるものが意味不明で、宿題うまくできずに音楽療法の授業で初めてBをとるという屈辱を味わい....だから、記憶の片隅にしまってしまったんだと思う笑。

Marylhurstでこんな質の悪い授業、初めて受けました
まぢ授業料、返してほしいよ 


逆に、何かを人に教えて、その人のなかで成長を促すって、難しいことなんだな~と思いました。
Marylhurstで教えてる他の先生たちが、上手なだけなんだね



まぁ、ぐちぐち言っちゃいました。お気持ち損ねてしまったら、ごめんなさい。笑

とりあえずこの授業で何をやったかだけ書いておこう!


Marylhurstでの英語のサポート

Posted by きーこしょ on 16.2012 その他の授業   0 comments   0 trackback
ほんとは、前の記事よりこの記事から先に書き始めたんだけど、なんかどんどん話が英語の苦労みたいな話に逸れちゃったので、さきにそっちを書きました。

さてさて!英語をしゃべるのは確かにたいへんだけど、
Marylhurstでは、ライティングセンターと英語個別指導の、2つのサポートを無料で受けることができます。


  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。