Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CTCC!! CTCC!!

Posted by きーこしょ on 23.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   0 trackback

CTCC!! CTCC!! 最近の私の中での流行りです。


CTCCは、
Condition
Target Behavior
Criterion
Completion

去年の愛すべき小姑先生からは卒業して、実習3年目のセミナーは最近赴任した暫定の学科長に教えてもらっています。

(うちの音楽療法学科は1年前の前学科長解任事件以来、いまだに次の正式な学科長を絶賛探し中!時間かかりすぎ。あほすぎ。....音楽療法博士号を持ってるそこのあなた!ぜひ自然豊かなオレゴンに来てみませんか!)


その新しい先生が、この前トリートメントプランの指針に必要な4つの項目を教えてくれました。

それが、
Condition (条件...目標とする行動をサポートするような環境)
Target Behavior (目標とする行動)
Criterion (基準...何をもって成功とするか?)
Completion (完了する時期...いつまでにこの目標に到達したいのか)


愛すべき小姑先生のもとでも、目標と指針作成にはフィードバックをもらいつつ散々推敲に推敲を重ねたけど、そこで学んだことをCTCCはよくまとめてくれてるかも!!

目標と指針については、定義も作り方もいろいろあると思うけど、(たぶん職場によって、教える大学によって、だいぶ違ってくるんだろうと思う!)、とりあえずCTCC!!は念頭に置いておくと、効率よく適格な指針が作れるっ。

スポンサーサイト

日本のレパートリー

Posted by きーこしょ on 23.2012 音楽療法全般   0 comments   0 trackback
前の記事で書いたんだけど、歌詞が深いセッションで使えるという意味で、精神科で音楽療法経験の長い実習担当の先生がお勧めの曲リストをくれました。

youtubeで探してみて聞いてplaylistを作って...いま覚えてるところです。

音楽療法士っていろんな音楽的バックグランドもった人いるけど、音楽療法士としてはとりあえずいろんな歌を知ってないとだめだなーと感じる今日この頃。


そんなところ、日本のレパートリーではどんなものがいいかな?と考えたんだけど、これがあまり知らないんだな!!あまりこれまでポップスを聞いてこなかったことを反省!!

思い当たるところでは、
アンジェラ・アキの「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」
Kiroroの「未来へ」とか...?

古すぎ?笑 ほんと全然知らないのっ!

AKBだったら....チームドラゴンの「心の羽根」とか?
毎年春に出す曲たちもいいよね。


日本の曲は、文部省唱歌とか歌謡曲とかはレパートリーにいれようと努力してるけど、ポップスには全然手がまわってないな!やばすぎ笑。

なんかおすすめあったら教えてください~♪




 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ 

So I Say Thank You For the Music

Posted by きーこしょ on 23.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   0 trackback
Happy Thanksgiving!!

アメリカでは今日はThanksgivingです~
そうです七面鳥食べる日です~っ

私は、昔住まわせてもらっていたホストファミリーのお家のお邪魔してきました~♪


七面鳥の丸焼き、マッシュドポテト、クランベリーソース、パイ....とあめりかーーんな食事に加え、炊き込みごはんとか大根サラダもあって(ホストマムはもともと日本の方なので)、うまうま

ワンちゃんたちと遊んで、ホストのご家族やお友だち、そこに住んでいる留学生ともお話して、なんか生きてるって感じ!!独り暮らしのアパートと学校の行き来だけの生活だと干からびちゃうからね。笑



昨日はちょうど実習のセッションがあって、Thanksiginvgの話題も自然とクライアントさんからあがってきたし、じゃぁ音楽もCelebrateしようよ!ってことで、ABBAのThank You For the Musicのサビ部分を、クライアントさんに歌詞を部分的に変えてもらってみんなで唄ったりもしたよ。


古代ギリシャでの治療としての音楽

Posted by きーこしょ on 22.2012 その他の授業   0 comments   0 trackback
音楽療法の授業については、あとのほうで書くね。笑

次は西洋音楽史!


"4万年前の鳥の骨でできたフルート"から始まった西洋音楽史も、
いまはもうルネッサンス終わりそうなとこまできた!!

ここまで学んで、いま私たちになじみ深い楽器が、音楽形態が、記譜法が、どういうふうに出来上がってきたのをこの学期を通してみてきました。

テストは相変わらず細かくてたいへんだし、細かいことは後々覚えてはいられないだろうけど、
"音楽学部卒業"を名乗るなら、音楽療法士を名乗るなら、こういった音楽の発展は大きな流れだけでもやはり知っておかないといけない、ベーシックな知識なのかなとあらためて思います。


テストに加えて、ペーパーもあります!

私は当初、伊藤康英さん作曲「交響詩ぐるりよざ」(高校の吹奏楽部時代に演奏させてもらった)のもとになったグレゴリア聖歌についてやろうと思ったんだけど、アメリカで取り寄せられる資料がなさすぎて断念っ!

そして選んだトピックは...
Music as Medicine in Ancient Greece
「古代ギリシャでの治療としての音楽」

私、音楽療法以外のクラスでも、結局音楽療法に結び付けてペーパー書いてるから、将来偏った人間になるな。




Jazz Ensemble 2012Fall

Posted by きーこしょ on 22.2012 その他の授業   0 comments   0 trackback
まずはJazz Ensembleから! 音楽療法ブログなのに笑。


学期末の本番が来週に迫っていて、曲も揃いました。
Sugar
Maiden Voyage
Samba de Orfeu
Black Nile
Blue Bossa
After You've Gone
Straight No Chase
West Coast Blues
Christmas Time is Here




私は今学期から、Vibe(ビブラフォン)とピアノを担当させてもらっていて、Vibeが楽しすぎて(和音を考えずにメロディーだけに専念できるから笑)、今学期は半分以上の曲でVibe弾いてます笑。その分、サックスとピアノができるステキおじさまがピアノを弾いてくれる!


今学期は、先生が即興のスキルに時間を当ててくれて、
シンプルなパターンをどんどん発展させていく即興
2小節ごとにcall&responseみたいにしていく即興
元のメロディーをたまに取り入れてみる即興
などなど....いろいろ練習しました。

今まで恐怖でしかなかったソロが笑、今学期は楽しいものになりました♪最近はふつうに2~3コーラスソロしてしまう!!次のステップは、クロマティックな音をいかに組み入れるかだなーっ


あと最近は、初見でもii-V-Iみつけられるようになって、♭/#9とかをいれられるようになってきたかも。
今学期の実習先ではよくブルースとかジャジーな曲使うんだけど、そこにもちらっと9とか13いれてみると、クライアントさんが「おっ!?」って気づいてくれることがある笑。


ちょうど1年前にジャズを始めたけど、即興に対する恐怖心とか敷居の高さは全くなくなってきて、音楽療法に還元できることもたくさん学んだな。コーラスを強化したいらしい学校では結構隅に追いやられてる感があるけど、ミュージシャンとして音楽療法士として、ほんとにジャズアンサンブルに入っててよかったなと思う!!




 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ 

  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。