Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即興ってなに??

Posted by きーこしょ on 21.2013 音楽療法専科   0 comments   0 trackback
愛すべき小姑先生が教えてくれてる、Clinical Improvisationのクラス。

一番最初のクラスは、それで、即興ってなに? ってディスカッションで始まりました。

みんなで意見を出し合って...

not composed...
but some structure...
spontaneous make up...
expression...
organic...
on the spot...
not so much about the production, but experience!

などなど...みんなで出し合った意見を寄せ集めて、最後は私達なりの定義を作りました。



つぎは、じゃぁ、

Musical ImprovisationClinical Improvisation
(音楽的な即興 と セッションや臨床での即興)

ってなに?どう違う?というお題。

このグループディスカッションはけっこう時間かかったな~


パフォーマンスとしての即興は、始まりと終わりがあって...合わせるためにコードとかは決まってて、録音して後世に伝えたり、売ったりするけど...

セッションでの即興は、まずtheapeutic relationshipが前提にあって、それでクライアントのinner worldに"tap into"(接触)したり、可能性を引き出したり...録音はするけど、売らずに分析したりするためだよね...

とか。うーん うーん って言いながらのディスカッションでした笑。


ディスカッションのあとに、先生が教科書の

Improvisation: Methods and Techniques for Music Therapy Clinicians, Educators, and StudentsImprovisation: Methods and Techniques for Music Therapy Clinicians, Educators, and Students
(2004/06)
Tony Wigram

商品詳細を見る


から抜粋した定義を教えてくれて、あ゛ー!なんか無難なとこいってるー!うちらめっちゃ考えたのにー!(Wigram先生ごめんなさい笑)


ってなって、授業はおしまい笑。

1週目の宿題は、なんと

スポンサーサイト

Haitian Fight Song

Posted by きーこしょ on 20.2013 その他の授業   0 comments   0 trackback
今学期もうちのジャズアンサンブルは、ゆったり楽しくやっております。笑


いまのメンバーでは2学期目なので、結束も強くなってきて、飛び交う冗談の数も増えて、会話を追いかけるのがたいへん!でも、わたしが理解できる冗談も増えてきた気がする!笑


そして、アルトサックスのおじさんが友だちを連れてきてくれて、テナーサックスが加わった~!やっぱ、テナーかっこよいーーーっ

けど、その人のソロ中に、すごい目を合せてきて、しかも歩み寄ってくるんだけど笑、何をすればいいのか、どうピアノで応えればいいのかわからない。
とりあえず笑顔でそのおじさんのフレーズをピアノの伴奏に入れてみたり、かっこいいフレーズのあとに、大げさにうなづきながら「Cool!」って言って応対してる笑。でも、こわい!笑


前学期はリハーサル(練習)があるたびに曲をもらってたから、3週間もすれば10曲くらいあったんだけど、今学期は、少しずつ曲を増やしていく代りに、毎週1曲ずつ暗譜だって!


メロディーとコードを暗譜するのはいいけど、暗譜しながらソロなんてできないよねーぐぇーーー
ぜったい頭が爆発する!

まぁこつこつがんばろっかなー


昨日もらったのはこれ!



科学的根拠に基づいた、音楽療法の実践 -EBP-

Posted by きーこしょ on 20.2013 音楽療法専科   2 comments   0 trackback
みんなが顔引きつりながら「Good Luck」って言ってくれる、Music Therapy and Research Method Iのクラス。

今のところ、全然楽しいーっ! 先生の教え方もすごく考えられて、オンラインクラスだけどサポートをこまめにしてくれるので、すごくありがたい◎


この前はこの2つの論文を読んで、音楽療法におけるEvidence-Based Practice(以下EBP...科学的根拠に基づく実戦)について考えたよ。

音楽療法の実践:科学的根拠のレビューに関する視点
Else, B., & Wheeler, B. (2010). Music therapy practice: Relative perspective in evidence-based reviews.Nordic Journal of Music Therapy, 19(1), 29-50.

幼児期の音楽療法におけるEBP:意思決定の過程
Kern, P. (2010). Evidence-based practice in early childhood music therapy: A decision-making process. Music Therapy Perspectives, 28(2), 116-123. (reprinted in 29(2), 116-123)


っていうか、2つ目、先生が書いた論文じゃん!笑

なんか実際の著者の前でその人の論文のことをあれこれディスカッションするのって、なんか不思議。
先生はどんなふうに感じるんだろ笑?


2013 Winter

Posted by きーこしょ on 08.2013 音楽療法専科   0 comments   0 trackback
はーぃ やってまいりました2013年そして2013 Winter term!

冬休みは1カ月にもわたったので、ちょっと感覚を取り戻すのに時間がかかりそう...

学期初日は音楽史の授業からだったけど、家に教科書忘れたのを途中で思い出して、取りに帰ったしね笑。


ではラインナップいってみよう!



ふたたび脳リテラシー

Posted by きーこしょ on 05.2013 関連   0 comments   0 trackback
あ゛ー ついにきてしまったー

冬休み最後の土日! 

やばいよやばいよ。読みたかった論文、本...ぜんぜん読んでない
まいっか!人生とはこういうものだ。ふははー


そんな土曜日、ふと思って、"パソコンの大掃除"をしてました。写真の整理、ファイルの整理、ネットブラウザのリンクの整理...

日本人としては、こういうのは年末に済ませておきたかったんだけどな笑。



日ごろ、「お!」と思ったページを、お気に入りしておきます。読みたいならその時読めばいいのにね笑。でも、その時読む元気ないけど見過ごすの惜しいので、「あとでー!」と確実性のない予定立てて、リンク残しておくんだよね笑。

でね、半年以上読んでなかったのがこれ笑。

教育プロジェクト 脳の迷信・うそ ~神経神話を斬る~ - 大阪大学大学院 認知脳科学研究室:藤田研究室

だれかから教えてもらったか、どっかで拾ったか...どうやって出会ったのかもすでに覚えてもいないんだけど笑、ようやくじっくり読みました!


大阪大学の工学部の生徒さんが取り組む授業の一環として、できたプロジェクトみたいです。

  

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。