Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hearing Voice

Posted by きーこしょ on 31.2010 コンサート・映画   0 comments   0 trackback
はい Catch Up 第四弾♪

1月22日は、いとしのピアノの先生、Susan DeWitt Smithが所属する、
Third Angle New Music Ensembleのコンサートでした。

Third Angle = 3Aは、現代の室内楽曲を取り上げている、Portland Basedのグループで、
Susanのほかに、オレゴンシンフォニーや、Portland State Universityの音楽学部の先生とかで構成されています。

http://thirdangle.org/index.htm


初めて行った3Aのコンサートは、アメリカの現代の作曲家をとりあげたときで、
響きが新鮮だし、不協和音ばっかりじゃないし笑、おもしろい奏法を見れて楽しくて、日本で不協和音が鳴り続ける現代吹奏楽曲を聴いて、現代曲恐怖症に陥った私を、その恐怖症から救ってくれました笑。

そこで演奏された「Mist」という曲は今でも覚えていて、Susanのピアノの特殊奏法(弦を押さえて弾く)で、霧のなかで音を立てると、視覚的情報はまったくないまま、音だがどんどん離れていく距離感の移り変わりが見事に表現されてて、ぞくっとしました。

3Aはそんな感じ!!



そして、今回の3Aのコンサートは、「Hearing Voice」
そう。朗読を聞きながらの現代曲でした◎

ゲストで来た、俳優さんや、本の作者ご自身が、朗読をされている後ろで、話の内容に沿ってオレゴンシンフォニーの指揮者や、Portland State Universityの作曲科の先生が作曲した曲が演奏されるというものでした。

実際のところ、英語が分からなくて半分くらい話わからなかったけどね笑!!!!!

相変わらず音楽は良かったーーーー


会場には、Susanの甥っ子姪っ子も来てたんだけど、曲中に、奇声を発するハプニングを起こしてくれました笑。でも、それが、テンポに合ってるの!!会場中が大爆笑でした◎

今回は会場が家から離れていて、Susanが休憩時間にピックアップしてくれて、リハも見学させてもらえて、ラッキーでした◎ 
もちろん入場は、Susanの顔パスで笑、タダーー♬ 


とまぁそんな感じのコンサートでした。




日本に帰ったとき、機会があったら、もう一度勇気を振り絞って現代曲聞きに行ってみようかな…




 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/15-efff69b0

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。