Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文リレー なーんてこった

Posted by きーこしょ on 06.2012 その他   0 comments   0 trackback
論文リレーなんてものをやろうと思ったものの、

今日現在、読んだ論文は2つ

そして今日は、冬休み最終日 

なーんてこったーーーーっ


冬休み中、やりたいことはいろいろあったけど、ほとんど達成できず笑、

達成できたのは、ホリデイと友だちとの外食やらパーティが重なり、2キロ太ったということだけwww


万が一論文を楽しみにしていてくれる方いたら、本当にごめんなさい!!

今日はここで読む予定だった論文の一覧だけお知らせさせてください~っ



脳みそ関係…

「構音障害における音楽療法治療のプロトコル」
Grocke, D., & Tamplin, J. (2008). A music therapy treatment protocol for acquired dysarthria rehabilitation. Music Therapy Perspectives, 26, 23-29.


「言語と音声: 音楽療法研究と実践における失語症、失行症、構音障害の区別」
Kind, B. (2007). Language and Speech: Distinguishing between aphasia, apraxia and dysarthria in music therapy research and practice. Music Therapy Perspectives, 25, 13-18.


「生涯を通した音楽療法に関係する、音楽の神経的相互関係についての最近の発見」
O'Callaghan, C. (1999). Recent findings about neural correlates of music pertinent to music therapy across the lifespan. Music Therapy Perspectives, 17, 32-26.
Piaget, Erikson, and coping styles: Implication for music therapy and the hospitalized preschool child. Music Therapy Perspectives, 17, 14-19.


こういうのも興味ある…

「音楽療法士の間での、性格、燃え尽き、勤務期間について」
Vega, P. V. (2010). Personality, burnout, and longevity among professional music therapists. Journal of Music Therapy, 47(2), 155-179.


言語聴覚士さんとのコラボレーション!

「音楽療法士の、言語聴覚士との仕事と、増強的・代替的コミュニケーションの経験についての調査」
Geist, K., McCarthy, J., Schock, Z. M., & Zojwala, R. (2008). A survey of music therapists' work with speech-language pathologists and experiences with augmentative and alternative communication. Journal of Music THerapy, 45(4), 405-426.


一番古い学会誌から何か読んでみたくて…

「音楽療法士の育成における発展」
Gaston, E. T. (1964). Developments in the training of music therapists. Journal of Music Therapy, Dec, 1964, 148-150.

「音楽療法の標準化の価値」
Goldsmith, H. (1965). The value of standards in music therapy. Journal of Music Therapy, Sep, 1965, 90-91.


とまぁ、こういったものを読みたかったんだけど~冬休みは遊び呆け食べ呆けて終わってしまいましたとさwww

ピアノもほとんど練習しなかったし。音楽と音楽療法から3週間ほど遠のいていましたが、まぁいいリフレッシュになったかも!?


明日から冬学期。お世話になった教授はいないけど、その穴を実感するのは怖いけど、起こったものは起こったもの。変化を恐れてはいけないね。
環境は何であれ、明日からまた音楽・音楽療法にどっぷりつかる生活に戻りましょう!!


さぁて冬学期もがんばるぞぃーーーっ



 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/199-425128f4

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。