Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと観た The Music Never Stopped

Posted by きーこしょ on 04.2012 音楽療法全般   0 comments   1 trackback
そろそろ冬学期の佳境を迎えようとしています。
カレンダーは、これからの3週間で締め切りのプロジェクトや、期末テストのマークで、真っ黒です

これまでの生活で疲労もたまってるけど、あと3週間、気合と根性で乗り切ってみせる!!!


気合と根性といいつつも、1週間をはっきりと区切って、切り替えていかないと、能率が悪くなる。ということで、最近は金曜日に、宿題が終わらなくても強制的に映画を観て息抜きしています。強制的な息抜きっていのも、なんだかなって感じだけどねwww

先々週は


先週は


を観ました。やっぱり映画っていいな!!人が味わった感動を、それがたとえフィクションでも、映像を通じて吸収すると、心洗われた感じ~
毎日、必死で課題をこなしていくと心が平坦というか固まってくるから、映画を観て大笑いして大号泣して、心のマッサージするのもいいよねwww


そして昨日は、
The Music Never Stopped を観ました。



そう!!音楽療法士さんが出てくる映画!!

そういえばちょうど1年前、こんな記事を書いていたね。昨日の学校帰りふと思いだして、Red Boxで借りて帰りました。

音楽療法を含めた芸術療法しかできないことを、はっきりと表現してくれてる映画だと思います。

障害や病気に妨げられていても、音楽だけがアクセスできる"その人"とか"その瞬間"っていうのがあるんだよね。

昔の私は頭が固かったので、そういう、自己表現"self-expression"というものの重要性をあまりわかっていなかったけど、実習で音楽を通じて新たなクライアントさんの一面に出会えたり、クライアントさん自身の表情が見違えるように変わる場面に遭遇してきて、音楽療法を含めた芸術療法の重要性を改めて感じます。



この前、music therapy with adultsのクラスで、自らの"音楽自叙伝"を作るという宿題がありました。
Ruudという人の、「音楽とアイデンティティー」という論文を読んで、自分にとって重要な音楽は、自分のアイデンティティー形成や人生においてどういう役割を持ったものかを、その論文に照らし合わせてをまとめる課題でした。

Ruud, E. (1997) Music and identity. Nordic Journal of Music Therapy, 6(1), 3-13.


私はやっぱり、中高と所属した吹奏楽が私の音楽性のベースになっていて、特に高2の夏にコンクールで演奏したフィリップスパーク作曲のダンスムーブメントはいつ聞いても、大声で唄いだしたくなるし、みんなで過ごしたあの時期を鮮明に思い出して、当時の感情もよみがえってくる。

もし私が何か障害や病気を患って、今のように日常生活で自分を思うように表現することができなくなっても、たぶんダンスムーブメントを聞けば、音楽なしのときにはみられないような反応をするんだろうな。腕が麻痺していても、突然ユーフォニアムを吹く動作を始めるかも笑??


人間性の奥深くにアクセスできる音楽を使う音楽療法士を目指して、改めてよかったな思います 



 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/217-d1e7cb9c
そろそろ冬学期の佳境を迎えようとしています。カレンダーは、これからの3週間で締め切りのプロジェクトや、期末テストのマークで、真っ黒です これまでの生活で疲労もたま
2012.05.13 14:39 まとめwoネタ速neo

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。