Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽療法でのキーボード伴奏

Posted by きーこしょ on 03.2012 音楽療法専科   0 comments   1 trackback
春学期に履修した音楽療法のためのキーボード伴奏のクラス。

今年から新しくオファーされる授業で、ピアノを専攻してから音楽療法士になった先生が今年新しくやってきて、このクラスを新しく作ってくれました。


実習では、セッション中の伴奏はほとんどギターで行います。セッション中ずっとギターを肩にかけてることもしょっちゅうです。でも、ピアノをずっとやってきて、ギターを始めたばっかりの私みたいな人間には、ギター伴奏では満足いかないこともしばしばあります。

もっとフィンガーピッキングでメロディーとか合いの手とか入れたい!!あんまり細かすぎておせっかいな音楽は逆効果だけど、気の利いた"音楽的配慮"でクライアントの反応が変わることもしばしばあります。


それに、音楽療法士はいろいろな楽器に親しんでいないといけないので、一応、学期中に必ず1度はキーボードを使わなければいけない規定にはなっています。


だけど、とりあえずキーボードの効果的な使い方を教えてくれる人がいなかった!!

だから、このクラス、本当にありがたい授業でした
学期を通して、キーボードを使った自由即興や、いろんな種類のスケールを使った即興、リードシートを使う際の伴奏の方法などなど盛りだくさんにカバーしてくれました。

単元が終わるたびに、習ったことをもとに生徒がセラピスト役をする仮想セッションもやってきたので、実践力も着きました。



授業が教えてくれたことはたくさんあったんだけど、私にっとての一番大きな収穫は、クライアントさんの即興に対する恐怖心を取り払って自由に即興してもらえるような温かいサポートの提供の仕方かなぁ。

私がピアニストということもあるし、最近はジャズアンサンブルにいるから即興することも当たり前になってきるけど、でも、たとえば音楽を勉強したことがないクライアントさんにとっては、ピアノを弾くことさえも怖いのに、そこで突然即興しろと言われても困るよね

まずはクライアントさんに1音弾いてもらって、2音弾いてもらって、次は和音で弾いてもらってみて、つぎはリズム要素を変えてもらったり....そういうふうにゆっくりクライアントさんのなかにスキルやボキャブラリーをある程度"build up"してから即興してもらうという配慮がいかに大切かを学びました。


あと、音楽療法におけるピアノのいろんな可能性にも気づけました。ピアノはギターとは形も構造も違うから、それゆえに音楽療法の現場でギターとは違う応用の仕方ができます。

ギターを使ってると、クライアントさんと対面できるけど、ピアノの前にクライアントさんとセラピストが並んで座ってるときの距離感もこれまたよい◎

クライアントさんにギターの演奏に参加してもらうことはできなくはないけど、クライアントさんにストラムしてもらうくらいかな?ピアノだと、クライアントさんが両手で演奏に参加できてより多くの音が出せるし。

クライアントさんにピアノ演奏にしてもらうことで、たとえばpincer skills(指先の細かい動き)とかも狙えるしね。


ピアノを使わない手はないだろうよー!!



 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/233-2a1691a1
春学期に履修した音楽療法のためのキーボード伴奏のクラス。今年から新しくオファーされる授業で、ピアノを専攻してから音楽療法士になった先生が今年新しくやってきて、こ
2012.07.04 21:28 まとめwoネタ速neo

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。