Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jiro Dreams of Sushi と Departures

Posted by きーこしょ on 22.2012 その他レビュ   0 comments   0 trackback
学校が始まるあと2日...楽しみ...いや、やっぱ怖いなwww
もうほんとに去年の忙しさのせいでトラウマだ~

この土日、有意義に過ごして、休み明けは切り替えて学校がんばりたい~


そんなところで映画観たっ! 絶賛ホームシック中なので、日本語の映画を2つ。


お寿司職人の小野次郎さんのお店を描いたドキュメンタリー"Jiro Dreams of Sushi"




「おくりびと」の英語字幕版"Departures"



日本語だと、言ってること全部理解できていいわ~笑
学校の近くの映画館に、しばらく「Jiro Dreams of Sushi」の文字宣伝があって、友だちにも"ケイコあれ観たー?"とか言われてたけど、"またアメリカ人がばかな寿司映画作って~"と決めつけて興味湧かなかったんだけど、それが今回ドキュメンタリーだとわかって、早速観てました!

題名にもなっている寿司職人の小野次郎さんの職人としての生き方に加えて、日本独特(?)の、稼業をついでいくうえでの親子でありながらの子弟関係や(とりあえず私は、次郎さんと長男さんのそっくりぶりにしばらく驚きが隠せなかったwww)、職人になるための見習いさんたちの姿も描かれていました。みなさんの徹底ぶり苦労ぶりに、映画を観終わって、やっぱ日本ってすごいわ~~~と、ため息がでます。



Departuresも、お話の最後の最後は、納棺士のお仕事の職人性(?)を見たような気がするんだけど、ほんとに日本人のする仕事って....すごいよね。


今年は、親戚や家族のお葬式に出たくても出られなかったこともあったり、いまいる大切な人たちがいなくなったときのこと考えちゃったりして、そういう思いがによってさらに映画のよさが深まる。

そして、運命に引っ張られる力というのものはすごね。人間意地になって続けていることでも、それをあきらめざるを得ない状況に陥って、方向転換した果てに、想像を超える結末が待っていたりするのね。Departuresは、最後は大号泣で観終わりました 


自分の努力や好みの分量だけではなくて、見えない力に身をゆだねるのも、生きていくうえで必要なことなのかもしれないね。

あぁ私の運命は~どうなのかしら~~ 

今のところは、次郎さんのお店を見習って、少しでもいい音楽療法士になれるよう努力しぬいて、職人音楽療法士になりたいけど、10年後、自分がどんなんになってるか誰もわからないね~っ




 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/261-9b852e61

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。