Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So I Say Thank You For the Music

Posted by きーこしょ on 23.2012 実習 セミナー・セッション   0 comments   0 trackback
Happy Thanksgiving!!

アメリカでは今日はThanksgivingです~
そうです七面鳥食べる日です~っ

私は、昔住まわせてもらっていたホストファミリーのお家のお邪魔してきました~♪


七面鳥の丸焼き、マッシュドポテト、クランベリーソース、パイ....とあめりかーーんな食事に加え、炊き込みごはんとか大根サラダもあって(ホストマムはもともと日本の方なので)、うまうま

ワンちゃんたちと遊んで、ホストのご家族やお友だち、そこに住んでいる留学生ともお話して、なんか生きてるって感じ!!独り暮らしのアパートと学校の行き来だけの生活だと干からびちゃうからね。笑



昨日はちょうど実習のセッションがあって、Thanksiginvgの話題も自然とクライアントさんからあがってきたし、じゃぁ音楽もCelebrateしようよ!ってことで、ABBAのThank You For the Musicのサビ部分を、クライアントさんに歌詞を部分的に変えてもらってみんなで唄ったりもしたよ。

So I say
Thank you for the music, the songs I'm singing
Thanks for all the joy they're bringing
Who can live without it, I ask in all honesty
What would life be?
Without a song or a dance what are we?
So I say thank you for the music
For giving it to me



なんか最近、歌詞の意味とかを深く考えるようになったし、歌詞読んで泣いちゃったりするんだよね笑。年とったのかしら笑。

器楽ばっかりやってきたせいなのか、これまでは結構、音楽を認知機能とか身体機能を高めることに使うことだけに偏りがちで、音楽の歌詞に音楽療法の意義を求めたりしてこなかったんだよね。

でも最近は、歌詞の意味をみんなで話し合ったり、自分の感情を反映した歌詞を作ってみたりするアクティビティも実習でするようになりました。今学期のサイトが精神科ということもあるかな。


この前はArmstrongのWhat a Wonderful Worldも使ったよ。


I see trees of green,
red roses too.
I see them bloom,
for me and you.
And I think to myself,
what a wonderful world.

I see skies of blue,
And clouds of white.
The bright blessed day,
The dark sacred night.
And I think to myself,
What a wonderful world.

The colors of the rainbow,
So pretty in the sky.
Are also on the faces,
Of people going by,
I see friends shaking hands.
Saying, "How do you do?"
They're really saying,
"I love you".

I hear babies cry,
I watch them grow,
They'll learn much more,
Than I'll ever know.
And I think to myself,
What a wonderful world.

Yes, I think to myself,
What a wonderful world.

Oh yeah.



くぅ。歌詞が泣けちゃうね。

音楽のこういう良さも認められるようになったのは、療法士として成長したかな?笑

音楽の心への影響とか主観的なものを使って療法と名打って提供してはいけないと思いますーとか頭でっかちなことを昔は思ってたんだけど笑、

やっぱり音楽の心への影響ってはかりしれないし、芸術しかそれがなしえないし。それで救われる人がいるし。うちら、emotional creature(感情をもった生き物)だし!!

特に精神科や、ホスピス、Bereavement(死別のケア)、病院、難病を持つクライアントさん...などなど、音楽の"心を救う"的な力を利用する価値のある場面はたくさんあるよね。やっぱりこういう音楽の力を真面目に取り扱わないといけないなと思う。うむ。


そんなのも分からずに音楽療法士目指してたの?っていうつっこみは、
ごかんべんーーーーーっ



 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/274-0e95c9d2

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。