Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもとの音楽療法 期末試験

Posted by きーこしょ on 09.2012 音楽療法専科   0 comments   0 trackback
愛すべき小姑先生に教えてもらった、「子どもとの音楽療法」のクラス。


週2回ずつあった授業では、エリクソンの発達段階に沿って、子どもの成長段階における特徴やニーズをおさえたうえで、それに応える音楽療法のアクティビティの例や注意点を勉強したのに加えて、

NICU、自閉症スペクトラム障害、自閉症のための感覚統合療法、脳神経リハビリなどなど...セッティング別での音楽療法も学びました。


宿題も上記の内容をカバーしたリーディングへの感想文だったり、
先生がデモンストレーションしてくれたアクティビティを、クラスメイトとペアになってセラピスト役・クライアント役になって自分たちでやってみたり、
あとは、1つのトピックに関してたくさんの文献を読んで、どんな実践が行われて・研究がおこなわれているのかをまとめる文献レビューを書く、という大きなペーパーもありました。


盛りだくさん!お腹いっぱい!


で、期末試験範囲は....勉強した内容全部っ!笑


あの鬼だった「成人との音楽療法」クラスの期末試験を彷彿とさせるねwww

もうね、慣れたよ。こういうの慣れた...笑



期末試験は、愛すべき小姑先生が前もって用意してくれた、ひとつひとつの設問に対して7~8分口頭で答えられるようにしてくるというもの。

設問は、
「エリクソンのステージ1での葛藤はなにか?existential questionは何か?彼の理論は、そのステージにいるクライアントとの音楽療法にどのようなことを示唆しますか?」とか

「NICUでの音楽療法をするうえでの、生理学的・心理学的に考慮することを述べなさい」とか

「音楽療法セッションにクライアントの家族を含める場合についての、守秘義務・コミュニケーション・家族がいることのダイナミックスについて述べよ」などなど...
質問が配られてから、みんなで手分けして回答を用意して、それをメールで送り合ってシェアして、その回答を頭に叩き込んで試験に臨みました...


愛すべき小姑先生は、アメリカ人離れした几帳面さと厳格さを持ってて小姑のようだけど笑、
でも、いつも生徒が成功できるようなベストなサポートをしてくれるから、ほんとに愛すべき、尊敬すべき先生!

今回の期末試験も、"試験"にありがちなわざと緊張させるようなシチュエーションではなくて、みんながしゃべりやすいように緊張しないように配慮したシチュエーションを作ってくれて、それから試験が始まりました。



自分が回答する質問は、くじ引きで引いていくんだけど、もし最初に引いた質問がいやだったら、一度だけ引き直すことができます。

私は、勉強してるときから、なんとなくNICUの質問になりそうだなーって気がしてたんだけど、いざくじを引いてみたら学習障害に関しての質問でした。

うむー学習障害もいいけど、ためしにもう一度ひいてみるか...と思って引いたら、やっぱりNICU出たwww


NICUの騒音や、赤ちゃんや母子関係へのその騒音の影響とか、
そういった環境での音楽療法の意義、実施例、注意点などを一通りしゃべったあと、

先生から「音楽療法がいつごろから介入できるかっていう点について何か言うことある?」って言われて、一番大事なこと言い忘れてたの思い出して笑、「約28週です!!!28週!!」(Standley&Whipple, p.22参照)と慌てて付け足して、試験終了

先生はその日のうちに採点を送ってくれて、見事フルスコア獲得ーっ♪


クラスのみんなもリラックスして答えられてたし、終わったあとはみんなでgreat jobー♪ってお互いを労いました。いい試験、いいクラスだった



そういえば、私この前の大人との音楽療法でもICUのケーススタディに当たったし、今回もNICUだし。
音楽療法の神様は、私が病院で働きたいこと知ってくれてるみたいだねっ!! 笑


Standley, M. J., & Whipple, J. (2003). Music therapy for premature infants in the neonatal intensive care unit: Health and developmental benefits. In Robb, S. (Eds). Music therapy in pediatric healthcare research and evidence-based practice (19-30). Silver Spring, MD: The American Music Therapy Association, Inc.



 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/279-3c0a77f4

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。