Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OAMT conference 2013 "Music Therapy: The New Biofuel"

Posted by きーこしょ on 01.2013 講習会・学会   0 comments   0 trackback
ふぉっふぉっふぉーーーーお久しぶりです。

この前記事にしたビヨンセさんが口パクだったらしいね...
でもあの寒さならわからないでもない。あんなとこで本気で唄ったら、喉にヒビが入りそう!!


先週末は、Oregon Association for Music Therapy (オレゴン音楽療法協会)の学会に行ってきました!!

今年のテーマは、"Music Therapy: The New Biofuel"ということで、医療系の音楽療法がテーマです。

ゲストスピーカーには、パーキンソン病のための、音楽を含めた動作のリハビリテーションを研究なさっている、Elizabeth Stegemoller博士をおよびして、音楽と脳の関係、そしてパーキンソン病のリハビリへの応用について、2日に渡ってレクチャーをしていただきました。


他には、
脳神経学的音楽療法のケース報告、
クライアントさんと音楽療法士自身の健康について、
Every Move Counts, Clicks and Chatsというアプローチを、理学・作業・言語療法士さんたちとチームで取り組む例の紹介、
精神疾患を持つ患者さんが多くいるオレゴン州立病院での音楽療法の取り組み、

などなど....様々な発表がありました!

そうそう、あと、有名なベスイスラエル病院ってところで働いてた療法士さんの、処置中や癌の痛みに対するケアに関する発表はすごかったな!!


ゲストスピーカーの先生とは昼ごはん中に仲よくなって、個人的にお話することができて光栄でした!なんと音楽療法と生物学のダブルメジャーで卒業したんだって!かっこよすぎ!!

あと、普段あまり会えない卒業しちゃった先輩や、昔Marylhurstで教えてくれてた先生たちとか、知り合いの療法士さんたちに会うのも、学会の楽しみだね~~


あとね、今回は、日本で認定音楽療法士の資格をもっている子が、なんとなんとうちの学校の英語学校に勉強に来ていて、この間友だちになったので、学会にもその子と一緒に参加しましたっ!

発表も楽しんでもらえたようだったし、オレゴンの音楽療法コミュニティのあたたかさも感じてもらえたようで、よかった!

オレゴンにいる間に、時間が許す限りオレゴンの音楽療法をのぞき見していってほしいなーっ



たくさんインスパイアされたし、大好きな療法士さんたちにもたくさん会えたし、お腹いっぱいの学会でありました!!

来年の今頃はインターンシップしてる予定なので、オレゴンにいるかわかりませんが、来年もまた参加できたらいいな~




 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/297-c9a40a07

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。