Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽療法の研究提案

Posted by きーこしょ on 19.2013 音楽療法専科   0 comments   0 trackback
よっしゃ お次は研究手法のクラス!

2学期に渡って履修してきたこのクラスですが、ここ3週間が山場でしたっ


先学期は、研究とはどういうものか、音楽療法の分野ではどんな研究がなされているのかを学びましたが、今学期は、では実際に自分で研究をデザインしていよう!というものです。

私は、今ボランティアで伴奏をさせてもらっている、パーキンソン病を持つクライアントさんの発話機能を向上・維持するための合唱団を想定して、LSVT®というスピーチセラピストさんたちが使うメソッドを、音楽的に応用してみるという研究をデザインしました。


kids reseach
同じトピックでこれまでなされた研究や関連したものを徹底的に読み込んでから、

どんな動機で研究をするのか、その理由は何か、どんな知識がいまある研究結果にかけてるのか...

じゃぁ自分の研究では、どんな参加者を対象にして、どういった物を計測するのか、よりどころとなる研究の種類はなにか...などなど、緻密に計画をしました。

「そっかこれは単なる大学の授業で、私は実際に研究しないんじゃん!」とはっとすることが何度かあったwww



そうしてデザインした研究を、クラスメイトと先生に、プレゼンテーションで"提案"をしました。

教えてくれてるDr. Kernは、Music Therapy PerspectivesやMusic and Medicineのエディターも務める、現役の研究者なので、大学の授業の一環であろうとも、デザインは緻密に実現性を考えたものでないといけませんーーっ!

研究機関は1年って言ってるけど、本当にそんなに研究を続けられるの?
対照群に属する参加者は本当に研究期間中になにもしないの?それは倫理的に問題があるから、研究の後半で対照群と実験グループを交代してみたら?
などなど...

プレゼンテーション後のフィードバックでは、するどい指摘と実現可能な打開案をたくさんくれました。

先週今週は、研究提案をペーパーにまとめて、生徒同士で査読をしました。



実際の研究では、研究費用を求めたり、倫理委員会に受理してもらうために、研究提案をプレゼンしたり書類にまとめたりするし、研究が済んだあと、その結果を学会誌に載せてもらうためには、エディターによる査読を通過しなきゃいけないらしい。


こういった仮定を、大学の授業内でできる限り体験できるように授業設計してくれてるんだなと思うー!ほんとにたいへんだったけど、やっぱりDr. Kernに教えてもらって光栄すぎるー♪




 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/316-329b3789

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。