Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倫理のジレンマ

Posted by きーこしょ on 03.2013 その他の授業   2 comments   0 trackback
ふははっ ふはははははあっ ふははははははああああああああああああああっ

笑いが止まらないよーーーーっ


きたんだよおおおおおおおおおおお

夏休みがきたんだよおおおおおお


キタ━━━ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ノ━━━!!!!


これから4週間、学校がお休みです!!レッスンも授業も宿題も何もぬああああああああい

さて何をしようかね。どうやって一日過ごそうかね。んふふ~っ♪



昨日は、締め切りを4時間過ぎて(笑)、倫理の課題を提出して、夏学期のワークが全部終わりました。

最後の課題は、(お医者さんや看護婦さん、療法士やカウンセラー、教育者のような)「人を補助する専門職における、問題と倫理」というクラスのファイナルペーパーでした。



音楽療法生は、実習セミナーでも倫理を勉強するけど
このクラスは心理学分野の必修のクラスで、私たちが仕事で経験するかもしれないような、一筋縄ではいかないような難しいジレンマがある場面での意思決定力を養うためのクラスです。

Issues and Ethics in the Helping ProfessionsIssues and Ethics in the Helping Professions
(2010/01)
Gerald Corey、Marianne Schneider Corey 他

商品詳細を見る


教科書が訳されてた!
援助専門家のための倫理問題ワークブック援助専門家のための倫理問題ワークブック
(2004/03)
ジェラルド コウリー、パトリック キャラナン 他

商品詳細を見る


先生は、アメリカ中を飛び回って、日々そういった難題に取り組んでるソーシャルワーカーの先生で、毎日難しい問題に取り組んでいるからなのか、すごく繊細な感受性を持っていそうで、人の話しをじっくり丁寧に聴くし、じっくり考えてから慎重に選んだ言葉でしゃべるような、人だった!!

週末3日間の集中クラスだったんだけど、判断材料の集め方や、意思決定の指針となる倫理モデルを学んだり、他の人や自分自身の価値観などを知るためのグループワーク、そしていろんなケーススタディをみんなで討論したりしました。


物事の受け取り方が人とによって大きく違ったり、文化によって全く違うっていうことを知るためのワークでは、クラスでトランプをしたよ!!笑

ハーツをグループごとに分かれて対戦して、勝った人が隣のグループに移動して、新しいグループでまた対戦して...って人を入れ替えながらやっていくんだけど、ここで一切口をきいちゃいけないの!

みんなが対戦を始める前に、先生がルールを読み上げて、それから静かーにプレイするんだけど、人それぞれルールの受け取り方が違ったり、一番最初にプレイしたグループでのルールが次のグループのルールと違ったりして、相手が思わぬ行動をとっても確認できなくて、相手がどんなルールを持っているのか探りながら、プレイすることになるのね笑。


先生が「はーぃ しゃべっていいよー」って言った瞬間、みんな「ちょっとー!あれはどういう意味だったの!?」「いやいや私はこういうルールだと思ったから....」「もうね、きみが何やってるか意味不明だったよ!」みたいにどっとしゃべり始めたよ。笑

授業中のトランプも、勉強になったよwww



トランプ以外にも....

人がもつモラルや価値観とはどういうものか、
Loewenberさんとか有名な人の倫理原則とか、
Helping professionでおこりうる具体的な倫理問題の種類(カウンセラーがクライアントと付き合っちゃったりする"二重関係"とか)やその対処法を勉強したり、

自分の専門分野の倫理規定(私ならAMTAが出してるCode of Ethcis)を読んで、他の専門分野の倫理規定と比べてみたりもしたよ。



先生が出すケーススタディを、こういった理論や倫理規定を参照しながら、何が一番いい判断かをクラスで討論することもたくさんしたんだけど、

みんな専門家として、そして1人の人間としての価値観をシェアしながらの討論なので、かなーーーーり熱い議論になって、クラスに不穏な空気が漂ったりもしたよ。

私はみんなの英語についていけず、途中、"知らぬが仏"状態だったけど。笑



昨日提出した期末試験のペーパーは、
自分が経験したことのある倫理的葛藤の例を挙げて、それを授業で勉強したこと、関係ある分野の倫理規定や文献を紐解きながら、意思決定をして、その理由を述べるというペーパーでした。

私は、自分が専門化として倫理的ジレンマに直面した経験がなかったので、自分が生徒として経験した教育現場での倫理的ジレンマを題材にしました。
当時は考えもしなかった、関わった人たちそれぞれの価値観に頭をめぐらせたり、倫理規定や論文を読みながら、自分なりにベストと思われる意思決定をしてみたけど、


授業で討論したケーススタディも、自分でペーパーで取り上げた例も、いろんな視点を取り入れてベストと思われる決断といっても、

白黒はっきりしないような、しかも、最終的な判断を終えてもまだベストなのか不安が残るような、ほんとうに微妙な線ところなんだよね。

ほんとにね、愛すべき小姑先生が言うようにね、"it depends------!!!"なんだよね。



このクラスを取って、少し音楽療法士になるのが怖くなったぐらい、なんとも深----ぃ分野だと思ったよ。

でも、なるけどね!!!





 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts

塩川 敬子さま、お元気でいらっしゃいますか?
ご無沙汰しております。

いつも役に立つ情報をありがとうございます。

今回のメルマガでご紹介させて頂きましたので、
良かったらチェックしてくださいね♪

またお会い出来る日を楽しみにしております。
2013.09.11 17:35 | URL | FUKUONピアノ講師☆福田りえ #qbIq4rIg [edit]
福田先生

ご無沙汰しております。先生にお会いできたのはちょうど1年ぐらい前の、研修会でしたでしょうか。その後先生のご活躍はブログにて拝見させていただいております!!

今回、メルマガで紹介いただいたということで、たいへん恐縮です。ありがとうございます!
お恥ずかしながら、メルマガのほうには登録しておりませんでしたので、早速今回登録させていただきたいと思います!
お知らせいただきまして、ありがとうございました!

先週末の鳥取には参加できませんでしたが、またいつか先生に直接お会いできるのを楽しみにしております!

失礼いたします。


塩川
2013.09.12 10:05 | URL | 塩川 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/332-e7fd7722

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。