Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちのためのCreativity

Posted by きーこしょ on 26.2013 実習 セミナー・セッション   2 comments   0 trackback
今学期を通して伺わせてもらった、子どもたちの発達支援の実習も、8回のセッションをして終了しました。


発語をうながすために、Old McDonald Had a Farm (ゆかいな牧場)で動物の鳴き声をみんなでしたり
(26歳独身日本人女性が、夜中に独りで英語の動物の鳴き声を練習してる様はもうなんとも言えない光景だったよwww)

体の部分の名前や、色や、動作を覚えたりする歌を唄ったり、

みんなでドラミングをしたり、お互いのソロを聞きあったり!


2-3歳の子にはまだ早いかなー!?と思ったことが、ぜんぜんふつうにできちゃったり、動物の人形の取り合いが勃発してセッションが中断したり笑、子どもたちの新しい楽器を見たときの目のきらめきとかテンションの上りようとか...


毎回のセッションが驚きの連続で、そしてあのクライアントさんたちとセッションできるのが本当に喜びでした!!


今学期を通して、発達が盛んで、これから予想もつかない人生を歩んでいく、子どもたちの発育を、音楽でサポートするというのが、本当にprivilege特権的で貴重な経験だと思いました。

a6_1904.jpg


多様な文化がひしめき合うアメリカに来て、おもしろい街ポートランドに住んで、そして大学としてはかなり特殊なメリルハーストという環境で4年間勉強して、一番好きになった言葉があります。

それは、Creative。

辞書的に言うと、創造性に富んだとかっていう形容詞で、なんか特別な才能があっての創造性っていうふうに聞こえないでもないんだけど、

私が見てきたcreativityは、今手元にある資源や力を有効に楽しく使うための発想・工夫っていう感じ。



たとえば、パーキンソン病の合唱団のために、カエルの歌を取り入れた友だちは、ほんとうにcreativeだと思う!
「げろげろげろげろ ぐわっぐわっぐわっ」ってクライアントさんたちに唄ってもらえたら、普段使わない口まわりの筋肉を刺激して、効果があるかもしれないもんね。

日本人であることを生かして、日本人として持っているリソースを有効に使ってるよね。




私は個人的に、日本は特に子どもが生きにくい国かなと思っています。漠然としたことだけど。
そしてそれは、なんか「ふつう」ということがすごく大切にされることが大きな要因かなと思っています。


子どもたちは、刺激を受信して、反応して、それで返ってきた結果から学習したり、行動を修正したりして、いろんなことを学んでいくけど、

刺激が違えば反応も違うし、たとえ同じ刺激だとしてもその受信の仕方が違うかもしれないし、そのたとえ同じ刺激に対する反応の仕方も、それまでの経験に基づいてのものだから、全然違ってくると思う。


子どもたちが同じ反応をする、「ふつう」でいるってことは、こう考えてみると、結構、奇跡的なものだね?!


もし子どもが「ふつうじゃない」ように見えても、それはまだ発育中だし、何か理由や原因があるかもしれないから、そういうのを「ふつうじゃない!」とラべリングするのは、大人の都合だよね。

特に日本は、Collectivism集団主義の文化で、「ふつう」とか「枠におさまる」ことがみんなの調和を保つために重視される。すごく大事な文化の側面だと思うし、みんなのことを考えて行動する日本人は本当に美しいです。


だけど、もし「ふつう」じゃないように見えて、どうしようもなく苦労している子がいたら、それを大人の都合とか固定観念で排斥するのではなくて、じっと考えて、調べものとかもして、専門家の意見を聞きに言って、そして最終的には、その子に最適なcreativeな対応をしてあげたい。

その子が今持っているものを否定して、絶望するのではなくて、それを最大限生かして、よりよく楽しく人生を生きていける、creativeな道を探るのが一番だと思う。


...と、話がかなり回りくどくなっちゃったけど笑、
かなり「ふつう」じゃなかった私が、アメリカで心理学とか音楽療法を勉強した結果、思うのです。



音楽療法は、creativeな発育支援の選択肢のひとつだと思う!

今学期、子どもたちとセッションをしていて、日本の子どもたちのことを強く想ったのでした。




 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts

お久しぶりです!本当に今学期は精根尽き果てるまで、という感じでしたね。
でもその分収穫も多かったようで、よかったです。
この記事、わたしも同感です。SLPも想像力・創造力が命!
ところで、ブログ引越ししました。同じFC2です。よろしくお願いしますね!
2013.12.29 07:21 | URL | kay #iJVVSJm2 [edit]
Kayさん!お久しぶりです!コメントありがとうございますー!
(夏の約束、まだ忘れていませんから、しばしお待ちを!)

本当に今学期は精根尽き果てました!が、この1週間でだいぶ体力回復した気がします!授業が多いがゆえ、学びも多かったです!

creativity、言いたいことがなんとか伝わっていたようでよかったです!日々いろんな場面での思いを紡いで頭のなかでなんとなく考えていることをいざ文章にしてみると難しくて!
ですが、Kayさんの想像力・創造力の二言で集約してもらいました!見事すぎます!

いつもkayさんのわかりやすく説得力のある文章を読んでると、自分のブログが恥ずかしくなります!(笑)ブログ書く前に、もっとたくさん日本の本を読まないとと思います!

もちろんkayさんの新しいブログにもすでにお邪魔させていただきました!毎回大きくうなずきながら読ませていただいています。次の記事をいつも楽しみにしています!がんばってください!

それでは失礼しますー!
2013.12.30 08:43 | URL | しおかわ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/343-6c4623ee

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。