Loading…

スポンサーサイト

Posted by きーこしょ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学サポート会社

Posted by きーこしょ on 01.2011 アメリカ留学   0 comments   0 trackback
今回、ビザ申請をしたので、せっかくだから、留学関連のプロセスをぼちぼち書いちゃおうか!!


まずは、手始めに、留学をサポートしてくれる会社のこと。


(今回のビザ申請は、サポート会社は一切通さず個人で行いましたので、

この記事に書くことは、3年前私が始めて留学した当時の思い出です)
2011年3月1日記事「留学の目的」でも書いたように、

おおまかに言うと、アメリカに留学する場合は、
1.大学を受験・合格
2.I-20を入手
3.ビザを取得

という過程を経ますが、
これをもっと詳細にしてみると…

・留学の目的を明確化
・留学条件
・条件に見合った大学選び
・(TOEFL受験)
・出願
・結果待ち・行き先を決定
・I-20もらいーのビザ出願しーの
・ビザを添付されたパスポートを持って、渡米!!

こんな感じかなぁ?



ちまたで、よく”留学あっせん業者”とか”サポート会社”と言われるのは、この過程の全体もしくは一部をサポートしてくれる人たちのことです。

なんか、”斡旋業者”という言い方はあまり好きじゃない。
だけど、ほんとに斡旋らしいことしてる業者もww


ある業者さんは、アンティーク的な西洋の家具で囲まれたなんか庶民が入ってはいけないような雰囲気をかもし出すオフィスを構えていて、留学の目的を明確にするところから渡米するまで、手取り足取りやってくれるみたいです。でも、ここはお金持ちが、すっごいお金をかけて留学したいときに頼るべきところでしょう。
留学を考え始めたころ、このオフィスに伺って、渡米するまでにここに払う見積もりを見て、目がとびでるというか、もう早く八王子に帰りたくなったのを覚えています。庶民の敵め~

ある業者さんは、なんか人の良さそうなカウンセラーがたくさんいて、雰囲気もよかったです。でも、やっぱり料金が高くて、残念ながらさよならしました。



そして、最後に行き着いたのが、グローバルパートナーズ留学サポートセンター(以下、アルクさん)さんでした。

すっごい独断と偏見で書くけど、ここは、うまい具合にほっといてくれた!!笑

誤解がないように書くけど、もちろん、手厚いサービスも提供してくれました。でも、某業者みたいに、「ほらーんこっちへきなさーぃ面倒みてあげるからーんでも高いわょーん」みたいな空気が全くなく、かなり自主性を尊重してもらった記憶があります。



私は留学の目的がはっきりしていたので、そこらへんの動機付け的な段階のヘルプは必要ありませんでした。

また、音楽療法学科というのが、留学業界でもあまり聞かない理由だったらしく?(きっとビジネスとかに比べたら圧倒的に少ないんだと思う)、どの業者さんも十分に知識を備えていないようでした。そんな人にお金払えないよねーっ

それに、当時私の英語力が十分じゃなくて、音楽療法の情報が日本であまり得られないこともあって、アメリカに行ってとりあえずどっかで英語の勉強しながら、大学選びをしようということになり、とりあえず安く英語を勉強できるところを探していました。

ということで、他の業者さんが謳っているサポートのうち、半分くらいは必要ありませんでした。もちろん、アルクさんも、そういう学校選び的なサポートもするのかもしれないけど、私が選んだサービスは、手続き関連のみのサポートでした。


結局、寮があって、安くて、一応音楽科もある、条件の良いコミュニティカレッジが、たまたまアルクさんと提携している学校だったので、出願の際に必要なエッセイの英語の添削とか、書類のチェックとか、大学とのやりとりを仲介してもらい、合格しました。



私がアルクさん推しなのは、彼らの潔さっていうか…なんかさばさばした感じ??
当時、アルクさんの新宿のオフィスには、「私たちは提携校から紹介料をもらってるので、安くできます」的な表示が置いてあったんだよね。他の業者さんは、ぜったい紹介料もらってるけど、そういうことちゃんと言わずに、変な私立大学を薦めてきたこともあった。
アルクさんで、私を担当してもらった方も、さばさば、てきぱきって感じ。

そして、あの安さ!!(私がアルクさんの提携校を受験した場合の料金)
あれはほんとありがたかった。他の業者さんの見積もりがバカらしく思えました。

庶民の味方


留学サポート会社と言われるものを数社回ったけど、最後にアルクさんに行き着けてよかった◎


留学サポート会社もいろいろあって、各個人の財政状況や、留学プランなどによって、相性は変わってくると思います。ずきゅんと来る会社に出会えるまで、自分の足で探すことをお勧めします。

もちろん、サポート会社に頼らず、個人で大学選びからビザ申請まで終える人もいます。

個人的には、高校卒業したばかりの若い子が留学する場合は、サポート会社と一緒に取り組んだほうがいいような気がしますが。



 にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ  


  Related Posts


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://keikoshiokawa.blog113.fc2.com/tb.php/68-ffc87538

WELCOME!

BLOG RANKING

ランキング参加中です
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ      (現在 位)
   (現在 位)
よろしければ ぽちり とお願いします♪

RECENT POSTS

ABOUT

きーこしょ

Author:きーこしょ
Marylhurst大学,音楽学部音楽療法学科にて4年間のコースワークを修了。現在、有限会社Earthtones Music Therapy Serviceにて音楽療法インターン中。

将来的に脳科学に根拠をもとめた音楽療法を専門としたいと思って、アメリカの4年制大学に留学し音楽療法を専攻しています。

このブログでは、実習の様子や、授業の内容など、アメリカでの音楽療法士育成の現場を、生徒の目線から、留学生の目線から、お伝えしていきます。

このブログが音楽療法に興味のある方、留学を考えている方などのお役に立てれば光栄です。

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。